スポンサーリンク

努力もせず流されてるだけじゃ何の加護も受けられない

最近の趣味は神社仏閣に行き、ご挨拶とお参りをするようにしています。とても清々しい気持ちになれる気がするのですよ。

そのせいかどうか、何となく災難から、何かに守られてるなぁと感じます。大きな声で云うのは憚らるのですが、いわゆる霊的なものに守って頂いてる気がするのですよね。

今までにソレを感じたのは二十歳の頃の学生の時。でもそれはその時1回きりで、その後は全く霊的にものを感じる事は無かったのです。

なぜ今は感じるのかというと、考えも無しに行動してることが、実はそれが最善でタイミングが良かったり、結果的に事なきを得たと思うことが多いのですよ。これは運が良いという事とはちょっと違う気がします。




いまはヒシヒシとそう感じているけど、昔は全くそんなこと無かった。どうせならもっと前から守護霊様の導きと守りが欲しかったワ。

若い頃は色々回り道をしたあげく、不運に見舞われたりしたこともありました。あの頃に導きがあればもっと楽に人生渡って来れたのにと思う。

しかしながら守護霊様というは、この世の欲に振り回されていたり、ネガティブな想念で心に曇りを作っている人間には手助けをしないというので、ああ、さもありなんだよなと思う。


今よりずっと未熟者だった若い頃のワタシは、何もせずに流されているくせに、不平不満だけはいっぱいありました。



これじゃ守護霊様の加護を受けられ無いのは納得です。まぁ人間関係の渦の中にいれば、心清らかではいられず、ネガティブな感情はなかなか捨てられません。

しかし今は、あらゆるストレスが無くなって穏やかで居られるので、努力するとはなしに自然に心を正していられます。それで霊的なものにサポートされているのかもなぁと。


結局は根本には自分の心の問題があり、正していこうとする努力があれば、運命も変わっていくという事か。やはり本人の力が運命を変えていけるのですよね。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!