スポンサーリンク

いじめや嫌がらせをする人の心理

今日のテレフォン人生相談は、同僚女性に酷いいじめを受け、耐えきれずに会社を辞めたという内容でした。そのせいで、現在精神科に通っているという。

回答者のアドバイスは、悪意のある人は必ず居るもの。あなたのように人の悪意に敏感だと生き辛いですよ、なるべくそんなことは気にしないようにした方が良いというものでした。

他人の悪意をまざまざとみて嫌悪したり、悲しくなったり影響を受けやすい人もいる反面、ドライに割り切って考えられる人もいる。人の感受性はそれぞれで、そりゃあまぁ気にしないでいられたら苦労はありませんよね。

回答者のいう事はもっともだけど、一度で嫌な目にあえばそれがトラウマとなり、気になってしまうのもわかる。



かく言うワタシも他人の悪意が本当にイヤで、会社員時代はたとえ実害を受けなくても不快な気分になり、どうしてこんな嫌な人間がいるんだろう、と暗い気持ちで悩んだことがあります。

気にしなければ良いのは重々承知でも、恨みつらみもない人に対して、何故そんなことするのか?その心理が全く理解出来なかったのですよね。

長年その答えを探してたけど、理解なんかする必要の無い、一種の精神異常者だとわかったのは最近です。こういう人の対応策は、言われた事に影響を受けない、平然として相手にしない態度が最善なんです。

反応しないと他のターゲットを探すのですよ。他人に苦痛を与えて、気分が良くなるとしたら、それは精神異常で、歪んだ思考回路です。他人をいじめて不満のはけ口にしているのです。



自分がこんな気持ちになるのは他者のせいだと、歪んだ思考回路になる ⇒ 他人に苦痛を与えて束の間の満足を感じる、という悪循環が繰り返される。

原因は自分自信が解決できない不満を抱えていて、勝手に苦しんで、しかもそれに気づいても無い。いくら他人に苦痛を与えても、自分自身の不満を自覚し解決しないと、空虚感はちっとも満たされません。

だから不満を抱えた不幸な人が他人に嫌な思いをさせ、毒を吐くのだということです。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

コメント

  1. オレンジペコ より:
    ユウさん、こんにちは。 台風の被害はありませんでしたか? いますね、そのような方。 私も今でこそ週3回の仕事ですが、以前フルで働いていた頃、被害に遭いました。人を平気で陥れることができるのです。思えば人相もよろしくありませんでした。 今、彼女はどうしているのかと時々あの時の悔しさと共によみがえります。 忘れてしまえば楽なのでしょうが難しいです。
  2. ユウ より:
    台風の夜はぐっすり寝てて翌日家の周囲に色々散乱してて驚きました…(ノ´∀`*) 世の中想像を絶する様な黒い人間っていますねぇ。本当に関わりなくないけど、職場だとそうもいかず… ワタシも同じく悔しく思ってましたが忘れた方が自分にとって得になるのですよ。今は「墓穴を掘れ~」思う事にしました。因果応報で、その人はいずれやった事は自分に却ってくるのは間違いないと思ってます。
error: Content is protected !!