去年から大殺界が始まったけど、特に何もないし生活は順調だ

スポンサーリンク

そう言えば…と昨日突然思い出しましたがワタシ、去年から大殺界が始まってて、その3年間の一番良くない停止の年が今年でした。

大殺界は、誰でも訪れる12年間周期の中で、3年ある低迷期間を「大殺界」と名付けたのがあの細木数子です。

もともと四柱推命にある「墓・絶・胎」という時期を大殺界と名付けていて、四柱推命ではその3年間は、活動を終えて、次のための準備をして休んでる状態なんだと。

スポンサーリンク

細木数子のオリジナル解釈


細木数子氏によると大殺界の時期は「何をやっても上手くいかない」、「新しい事は始めない方が良い」と言われてるけれど、本当は勢いが止まった、弱い状態というだけ。

つまり自分のパワーが落ちる、弱いとき

大殺界という字面が怖いけど、特段運気が悪くなる時期というワケではない。細木さんはうまく名付けたもんだなと思いますねぇ。



今まで何だかツイテないな~と思う事はあったけど、大殺界の時期にという事ではなかったし、誰でも不調な時ってあるものです。

12年のうち、決められた3年間は何をやってもだめなんてある訳がない。

ワタシはいつも「今、何だか運気が良くないかも…」と感じた時は、とにかく現状維持。なるべく動かずに状況が落ち着くのを待ってました。



というわけで去年から大殺界中のワタシですが、何かツキがなく、悪い事が起ったかというと特に何も無し。
体は健康で生活は順調、そして今年はドライブ旅行に出かけ、とても充実して楽しかった。

よくよく考えれば大殺界に関わらず、人生の大きな事件や決断はやって来る。

それを乗り越えるには普段からネガティブな想念を持たない、ポジティブシンキング体質になって柔軟に対応する。これが一番ですよ。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました