認知症は85歳からが危ない

スポンサーリンク

ご近所のお婆さんが認知症になって、夜にドアをガチャガチャされた話を母親に聞かせたところ、自分も同じ年頃なのでかなりショックを受けたようです。

認知症になって他所の家に行ってそんな事するなんて、恐ろしいわーと嘆いてました。

呆ける呆けないの差は一体なんなんでしょうかね。やっぱりDHA&EPAを含むオメガ3の油を摂った方がいいのかな。

 

スポンサーリンク

猫も認知症になります

余談ですが、ウチの高齢猫はボケの症状が出ていて、今まで聞いた事がないダミ声で鳴くようになりました。

鈴を転がしたような可愛い声だったのに、どら猫に豹変したのですよ。

最近はトイレシートの場所以外で粗相をするようになってしまったので、更にボケが進んだみたい。
それでボケに効くかなと、えごま油や亜麻仁油をご飯にかけて与えてます、気休めですけどね。

今日はちょっと寒いので丸まってます。

閑話休題。
母親を見てると、テレビのワイドショーで聞きかじった話をペラペラ話すおしゃべりだし、まだ身だしなみを気にする余裕がある。

認知症にはならないかなーと思うけど、こればかりは解らないですね。85歳からが危ないので油断大敵。
とにかく頭や身体を動かして、気力、体力を維持してほしいですね。

そう言えば、ウチの父親も呆け老人になったけど、妄想してとんちんかんな事を言ったり、物忘れする方の認知症状でした。

でも考えて見れば、突然怒鳴ったり怒ったりする、激しやすい認知症状じゃ無くて良かった。
病気だから悪気は無いとわかっていてもむかつくし、家族は疲弊するんですよ。

 

 

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました