遺族年金は予想より少なかったものの、良い面もあった

先日父親の遺族年金が予想より少なくて驚いたと書きましたが、でも良い面もあったんですよ。

遺族年金は非課税だし、母親の自分の年金の年額は50万くらいなので完全に非課税世帯になるんです。
そうなると住民税は払わなくていいし、母は70歳以上なので医療費の月上限もぐっと低くなってせいぜい2万ぐらい。 詳しく知りたい方はこちらへ
 
例え入院して手術となってもそれくらいなら安心して病気になれる。保険税金が安くなるからと、それで気持ちをなだめるしかないよね。

スポンサーリンク

住民税非課税世帯のメリット


ワタシなどはセミリタイアしてからずっと住民税非課税世帯だけど、良いことだらけです。

65歳以下で年収98万円以下なら住民税は無いし国保も7割減免だ。122万以下なら年金も全額免除ですし。
計算は所得税、住民税とそれぞれ違うけれど、自分のお金のことなら面倒でややこしくても必死で計算するもんですよ。



この非課税枠より数万円でも年収が高かったりすると大損します。だから稼ぐならもっといっぱい働いて年収を上げないとダメだということ。

ワタシの感覚としては120万位じゃ払う分だけの働き損で、せめて160万位は稼がないとプラスの恩恵を感じないんじゃないのと思いました。

会社員を辞めると天引きされないから、税金保険ってこんなに高いのかと愕然とした。



サラリーマンって皆そうだと思うけど、天引きされてるとリアルな実感が乏しい。金額見てもああこんなものかと思うだけ。
政府にとってはサラリーマンが一番税金を取り易いはずだよね。

セミリタイアに限らず、定年後ちょっとだけ稼ぐとしても損益を考えて年収を調節した方が絶対いい。無理して働いた分が全部課税分で持ってかれたらがっかりだもの。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました