国会議員は個人のローンは殆ど組めないそうです

国民民主党と立憲民主党が合流するかもというけれど、もともと一緒の党だったんじゃないの?これで又一緒になったら、何やってんのと呆れるばかり。 

民進党の前原党首がこのままじゃ衆院選に勝てないからと見限って、当時は飛ぶ鳥落とす勢いの小池都知事の所に合流をお願いしたと記憶してます。

そう言えば前原さんってまだ国民民主党に居るのかしら?今や影も形も無し。全く姿を見なくなりましたね。もはや終わっちゃった人になったんだろうな。。。

それと同じく細野豪志も今は自民党だしね。次の選挙は当選するのか見ものですね。

スポンサーリンク

供託金のためお金がかかる

 

さて衆院選に立候補者をたてると1名300万で、かつ比例名簿にも載るとなると更に300万供託金が必要になるそうです。結構かかりますね。。。

最悪当選しなくても有効投票数の1/10以上なら供託金は戻って来るけれど、それがなかなか難しくて、没収されて戻らないとこれが辛い。

N国の立花さんも最初の頃は、没収されてばかりだったと言ってましたね。

カール好きでした。食べたいな…


立憲民主党は来年の衆院選に候補者を立てたいけれど資金が不足してる。それで銀行に貸し付けを申し込んだら断られたそうです。

何億という金額だろうから、銀行は返済に不安があるという判断をしたのでしょう。

素人目から見ても、立憲は将来性は無さそうだけど。
それで民主党時代の貯金を受け継いでる国民民主党の金が目当てで一緒になりたいらしいですね。


そう言えばN国党の浜田議員も国会近くの物件の、2000万位の住宅ローンを申し込んだらお断りされたという。

N国党議員じゃやっぱり社会的信用ないのかしら?と思ったら、国会議員は個人のローンは殆ど組めないという。浜田さんに限らずともお断りされるそうですよ。

やっぱり議員って落選したらタダの人だし、選挙は水モノで不安はぬぐえないからでしょうね。

 

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました