総理大臣の人柄と、総理大臣としての政策は生い立ちに関係ないでしょ

スポンサーリンク

ついに菅総理誕生となり、ネットニュースも一面、菅さんのことばかり。

朝日新聞がさっそく、「菅内閣は令和時代の昭和、女性二人、目立つ年配男性」と、しっかりとネガティブな記事を書いてたのが笑えました。
相変わらず政権批判する気満々で。

芸能人も結構批判的な発信をしてますが、今は芸能人が政治的発言しても干されない時代なんでしょうか?
ラサール石井や小泉今日子もすっかり左翼思想の色がついてしまったと思います。

スポンサーリンク

生い立ち問題は立憲の方が危ない人が多いかと…


かなり昔ですが、前田武彦というタレントが夜のヒットスタジオで、(高視聴率の歌番組だった)番組中に「日本共産党バンザーイ」とやってしまったんです。

共産党の立候補者が当選したので嬉しかったそうですが、その後は番組を降ろされて、テレビから消えてしまいました。


安倍政権を踏襲していくと菅総理が言ったのも有って、何とかダメージを与えたいと思う人がたくさんいますが、ちょっとおかしいと思ったのは立憲民主党の小川淳也の発言。



「菅さんは生い立ちを国会で明らかにする必要がある、どういう人間かは、どういう生い立ち、どういう環境かに規定されるんですよ」等々。

生まれや育ちは、その人の人柄に関係するだろうけど、総理大臣としての政策や能力と関係するかな?
菅さんの人柄が悪かったとしても政治家の能力あれば良いんじゃないの。

菅さんの苦労人の美談をぶち壊したいのでしょうが、そもそも生い立ちを公にどうのこうの言うのは差別でしょ。





国民の手本となる国会議員が呆れますよね。。。こんな仕事と関係ない事でこき下ろそうとするのが立憲民主党らしくてレベルが低い。

コロナの危険が迫ってた頃に「桜を見る会」なんかを必死になって追求してたこと、忘れてませんよ。

菅総理の実家が豪農なのか貧乏農家なのか、そのうち週刊誌ネタで明らかになりますって。

コメント

  1. クレア より:
    ユウさん、こんにちは。 菅さんがふるさと納税の発案者とは知りませんでしたが、デジタル庁の発案など含め、物静かな雰囲気とは裏腹に創造的で行動力のある方なのかもという印象です。生まれも育ちも関係ありません。国を良くしてくれればそれでいいです。確かに女性が2名しか入閣していないのは気になりましたが、粗探しばかりしているメディアや野党にはうんざりですね。余談ですが新元号を発表した官房長官は総理になるジンクスができそうですね。病気には気をつけていただきたいものです。
  2. ユウ より:
    クレアさんこんにちは。ワタシも以前総務大臣だったこととか全く知らなかったです。あの頃は無名だし、見た目地味な方ですもんね。政治家も東大法学部卒だから…とかじゃなくて、仕事が出来るのは勿論、運の強さも必要なんだろうと思います。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました