過去の事とはいえ、関心があれば気になるはず

デートdvという言葉、交際中の恋人間暴力のことなんですね、初めて知りました。
殴る、蹴るだけじゃなく、人前でバカにしたり、携帯やメールをチェックして、行動を監視したりする精神的暴力や、性行為の強要などの性的暴力も含まれるという。(東京都HP参照)


今はデートdv被害者の相談や、保護する団体もいっぱいあるそうです。
あの純烈の元メンバーもまさにこれか。こういう男って殴ったりした次の日は優しかったりと、それを繰り返すそうだ。それが奴らの手口よね。

ワタシは気の荒い男が大嫌いなので、暴力男と付き合った事は無い。もし交際中暴言や殴られたりしたら、絶対無理とすぐ別れますよ。

同居してるにせよ、籍が入ってないなら何故逃げないのかな?と、やっぱり思ってしまうのよね。




さて、以前の勤め先での同僚男性の話ですが、
その同僚の奥さんはテレビのニュースで、昔付き合ってたDV男が逮捕された事を知ったそうだ。そして元彼であるDV男が妻の連れ子を虐待死させたと知り、あのままだったらきっと私も殺されてたと思うと、夫である同僚に告白してきたという。。。

話の内容もさることながら、こんな凄いことを淡々と話す同僚にワタシは腰を抜かすくらいびっくりしましたね。奥さんも一体どこでそんなろくでなしと知り合ったのやら… 
しかし何とも返答に困りました。 



過去の事とはいえ、自分の妻がそんな犯罪者と関係をもってたと知って、嫌だなと思わないの?とちょっと聞いてみた所、もうしょうがないでしょうとの返事。

そりゃあまぁそうだけど… 子供が3人も居るし、今更余計なこと考えないようにしてるのかなと思いましたが。

もしワタシだったら夫の元カノの話を聞いたらどう思うかなぁ。夫に無関心ならどうでもよくなるかな。
しかし普通は過去の事といえ、きっと気持ちが揺さぶられるはず。ガッカリしたり怒りが湧いたりするんじゃないかしら? 

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました