一ヶ月5万円の生活費で十分だ

年金支給を1年遅らすと貰える金額が8.4%増える、平均寿命で考えるとこれが一番お得だというブログ記事を読みました。 
ためになる、するどい試算ですね。繰り下げて貰うか否はその時にならないとわからないし、自分が長生きすると思える人ならいいのではないかと思いますがね。
 
 
しかし年金の金額については月10万貰えないかもしれないと覚悟してます。しかし病気にさえならなければ月々5万円の生活費でやっていけそうなので余裕でしょ、と思ってます。

内訳は食費が2万で公共料金1万+猫エサ5千円+税金4千円+通信費と雑費とおこずかいという感じ。固定費はこのぐらいで何か支出がたまにでるぐらいだろう。健康だったら本当にこれぐらいだと思う。人間、無けりゃないで、あるだけのお金で何とか暮らしていけるものだよ。

だってもう欲しい物なんか無いし、毎日家にいて生活するのが本当に幸せなので行きたい場所も無い。 
 
201506280723000
病気にならないのが一番の倹約ですね
 
ワタシは老後のお金は楽観的に考えてます。多分、そういうタイプじゃないとさっさとアーリーリタイアなんて出来ないかも?と思います。心配性の人は、いくらあっても足りないと思う。
 
しかしなぁ、生活保護費が13万円。国民年金より高いのは絶対納得できないですね。真面目に払ってきた人が損をするなんて世の中になってはいけないと思う。
現金支給は半分で、家賃は自動で振り込みますよというシステムにでもならないものかしら。
貰った途端、パチンコ屋に駆け込む年寄りがいるとニュースで聴くと、ホント怒り心頭ですよ。 

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク