停電時にはオール電化住宅ってかなり大変ですね

実家の停電は12日の午後3時頃にやっと回復、三日半停電してました。
でも復電した途端に気温がぐっと下がって過ごしやすくなったのは全く皮肉なもんです。

そしてガソリンスタンドも行列を成してましたが、すっかり通常に戻ってました。平穏な日々に戻ってヤレヤレです。


しかし今回は友人知人から無事なのか?と心配の連絡やメールを貰って感謝感謝。気遣って貰えることは有難いと思います。

家族が居れば全てハッピーになるわけでもないけど、いずれは天涯孤独みたいなもんになる身です。だから誰かに気遣って貰える今のうちが華か。

未だ房総半島の南側、復旧して無い方々は本当に精神的にも経済的にも大変だと思います。今回の台風は東京湾を通って、台風の目の右側になった内房が一番の被害となった。台風のうねりの右側の方が威力が強いそうです。

スポンサーリンク

房総は風よけとなるものがない

房総に住んでから、風が強いなぁと感じた事は何度もありました。東京のように高い建物が無いから風よけが無く、吹きっさらしで当たりが強いのかも。

お風呂は無料開放してくれた施設が沢山有り、パート先の方で子供がいる人などはとても助かったそうですよ。
その方は自宅がオール電化住宅だそうで、でもそれだと停電になったら日常の全てが、成り立たなくなるからコワイですね。


お湯一つ沸かせないから食事は全て外食になり、けっこうな出費になったと言ってました。

火が使えるか使えないかの差は大きいわ。
ウチは中古住宅で元々オール電化住宅とは縁がないけど、やっぱり災害の時のもしもに備えてガスの方がいいやと思った次第です。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました