Amazonからの緊急の通知は又もやフィッシング詐欺でした

つい先日のこと、Amazon緊急事態という宛先から「Amazonプライムのお支払いにご指定のクレジットカードの有効期限が切れています!」という件名のメールが届きました。

折しも前日にアマゾンで買い物をしていたのです。

その時又もや勝手にAmazonプライム会員にされたんじゃ…?という疑念がすぐ湧きました。
それでページ下部にある支払い方法情報を更新するをクリックしてみた。


「注意、あなたがアクセスしようとしてるサイトは不明なサイトです等々」の画面に変わり、止まりました。

これは危険かもと、メールのページからAmazonへ行くのは止め、ブックマークしてるURLからアカウント情報を確認したところ、プライム会員にはなっていません。

そりゃあそうだ、一度勝手にプライム会員にされ懲りたので最新の注意を払っていたから間違うはずない。
さっきのメールは案の定、以前あった佐川急便、グーグルに続き、Amazonを装ってのフィッシング詐欺メールでした。

スポンサーリンク

詐欺メールはあの手この手で


偽のサイトへ移動させ、アカウント情報やクレジットカードの情報を入力させて盗む手口ですね。

メールにはお馴染みのAmazonのロゴも入っていたし最初は全く疑いませんでした。ワタシは以前書いたようにAmazonプライム会員についてトラウマがあったせいで信じてしまったんです。

送り先のメールアドレスを見たら「amazon.co.jp」ではなくて、「asmasn000097001@os1001.coreserver.jp」などというわけわからんアドレスになってます。



こういうのでアレ?オカシイナと見破れますね。それにしてもしょーもない詐欺の手口を考えるより、その労力を真っ当な事に向けろと言いたいワ。。。

皆さまも本当にご注意下さい。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました