ペットを連れて引っ越しは心配で気を抜けません

2月の今くらいから引っ越しシーズンが始まりますが、この時期の引越し屋の値段やアパートの家賃というのは、強気な価格なのでお得じゃありませんね。

ワタシがここへ越して来たのは7月で夏でしたから、引っ越しや屋の繁忙期ではなかったけれど、かと言って特に激安でもなかったかな。

東京から九十九里だと一日仕事になるので、平日引っ越しで作業員2名、料金は7万5千円くらいだったかと。アリさんマークの会社でした。

もう引っ越しするのは嫌だけど、人生どうなるか分らない。万一の事を考えて物は溜めないようにしてますが…
実はその引っ越しの後、2ヶ月間くらい療養状態になり、疲労のため毎日寝転がっていました。




引っ越しの翌々日に車で東京の元の家に戻り、最後の掃除と専用庭の片づけ。デリケートな植木はトラックに載せられなかった為、この日に運びました。

そして体力の疲労はさておき、神経が休まらなかった原因は飼い猫の事ですよ。

当時は3匹だけでしたが、運びだし時間までにキャリーバックに入れられるか、引っ越し先までの移動時間併せて5時間くらいの間、キャリーから出せないから大丈夫かなとか、猫の心配で引っ越しが終わるまで全く気を抜けなかったのです。


当日は猫3匹を車に積み、トラックより先に新居に到着。
そしてお風呂場にトイレと水を置き、猫を入れたキャリーバックを運び入れ、片づけが終わるまではそこに閉じ込めて置きました。
長老猫のピーちゃんは無理矢理キャリーに入れられたので、プンプンに怒って出て来なかったわ…

ペットを連れての引っ越しは、本当に大変だったので、もう一度やるのは無理の様な気がします。。。

スポンサーリンク
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
SNSフォローボタン






error: Content is protected !!