チューリップの球根の掘り上げと、3連勤のパートで寝不足

スポンサーリンク

先週末の梅雨の晴れ間にチューリップの球根を掘り上げました。

植えっぱなしで掘り上げずにいると、夏の暑さでダメになり翌年咲かない場合があります。



4月上旬に満開になってきれいに咲き揃った頃。

2か月以上経って、今は隣に植えてるアジサイがピークとなり、チューリップは葉っぱがショボショボに枯れてこんな状態に。

 

スポンサーリンク

球根は花後に肥料は不要

 

チューリップは花が終わったら葉が枯れるまではそのまま水やりをつづける。光合成で球根を太らせるわけですが、花後に肥料をあげたらだめなんですよ。

バラなどはお礼肥えとして花の終わったあと肥料をあげますが、チューリップやヒヤシンスは球根に肥料が残って腐ってしまうそうです。

 

元々植えたのは20球でしたが、結構増えてました。

鉢植えだとなかなか球根が太らないけど、やっぱり土に植えた球根は育つなーと思う。

12月初旬に植え付けるまでは風通し良くして保管します。

とはいえ、この保管が面倒なんです。網にいれて吊るすのが良いけどそんな場所もないし、結局かごに新聞紙引いて置いとくだけになりそう。




今日は一時期は風も強くて暴風雨でした。気温もひんやりと肌寒いし雨で何もやる気にならず。

週末から3連勤のパートで早起きしてるので寝不足気味もあり、帰宅してからぐっすり昼寝してました。

3連勤は疲れたけど、明日から3日間お休みなので嬉しいな。
時々しんどくなるけど、働くなら今の50代のうちしかない。60歳までは何とか頑張ろうと言い聞かせてます。

特別支給の老年厚生年金は64歳からで、あまり恩恵が無いのが残念だわー。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました