エアコンを冬の暖房として使う場合の節約の方法

北海道の積雪すごくて、今年は雪のニュースが早いので寒い年らしい。

ワタシは寒がり体質で冬は一番苦手。毎年早く過ぎて欲しいと思ってます。なので暖冬とか厳冬の違いがわかりません、ワタシにとっては毎年厳しい寒さ。

我が家は基本、こたつがメインの暖房器具で、あとは石油ファンヒーターを使用していますが、まだ今年は灯油を買いに行ってません。 

スポンサーリンク

エアコン暖房は高くつくと思ってたけど

今年は子猫がいるし風邪を引かせちゃ大変なので、手っ取り早く先月からエアコンの「暖房」を付けています。 

マンション住まいの頃はエアコン暖房だけを使用してましたが、これってすごく電気を消費するので電気代が大変な事になってました。

それなのに11月分の電気代は拍子抜けするくらい安い。あれ?というくらい使用量が増えてなかったのです。


その理由として思い当たるのは、今の家のエアコンは去年取り付けた新しい機種のもの。

マンションで使ってたエアコンは15,6年前の機種だったので、それに比べたら今時のエアコンなんて相当省エネになっているからなんだろうな。

さてエアコン稼動させてるとはいえ、使用方法はそれなりに節約してます。

頻繁にスイッチを切ったり点けたりはせず、設定温度は18度という低い温度にして、暖めるのはひと部屋だけ。



猫が行き来するため、締め切りにはできないので少しだけ戸を開けてますが。

あとはもちろんしっかり重ね着して、セーターの上にキルティングジャケット羽織ってます。

去年はダウン羽織ってだけど、動きにくいので今年はちょっと薄いものを。
これが冬の電気代に悩んだ末のワタシの苦肉の策です。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました