お局様の若い子イジメってあまり聞かなくなったなと思う

薄々感じていましたが、最近は所謂、「お局様の若い子苛め」って随分と聞かなくなったなと思います。ワタシの上の世代の女性達が現役を退いたくらいからか、世代交代で潮目が変わるように働く女性の意識というか、感覚が変わってきたかなと思う。

昔の女子社員はお茶くみ的な感じで、仕事への意識も低くならざる得ず、幼稚な感情のまま行動するきらいがあったかもしれません。

しかし今時は、若かろうが、歳いってようが、職場では円満にやっていきましょう、という風潮が強くあるかと。
今は人事査定はコミュニケーション能力が重要視されるし、女性の仕事への意識レベルが高くなり、普通に女性の管理職者も有りの時代になってきてますからね。


ワタシが就職した頃は、まだまだ妬みひがみ根性の先輩女子社員が居たもんです。古い価値観の時代の人種だからなのか、いろいろ意地悪なのがいっぱいいましたよ。だから今の時代の若い子が心底羨ましいですね。


その一人の意地の悪い先輩女子社員はワタシより一回り程上で、当時30代前半ぐらいでした。しかし、この人はお局ではありますが、既婚者でダンナさんはいたのですよ。結婚してるのに若い子に敵意を持っているので当時は不思議だったのです。

何故だったんでしょうね?
まぁ多分、結婚生活は幸せでは無く、不満があったからだろうと推察します。幸せな人が意地悪しようなんて思うわけありません。

そういうわけで今でも年齢的に12歳前後年上の人は今でも苦手、鬼門となっていて、ワタシのトラウマとなっている。



そしてそれは本当に当たっていて、今のパート先の同僚でボス的なAさんは65歳位でまさしくその年の差。やっぱり当たってるわ…と再確認しました。

しかし、昔と違うのはこちらはもう世間知らずの小娘じゃない。世慣れた年増なので、やられたら負けずに互角か、倍返しする知恵だってありますからね。笑

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク