政治家って私利私欲でいやねと思う

N国党の立花孝志が議員辞職して、埼玉県の参議院補欠選挙で立候補する。
凄いアイデアマンだなぁと、こんな事考えて実践する人はいないでしょうね。

参議院議員は任期6年間、その間は肩書と収入3000万があるという。
上田元知事だって肩書と収入に固執してるから、補選に立候補してると思う。

スポンサーリンク

上田元知事と大野知事の取引か

この元知事は71歳で、元々は自民党議員をやって、それから埼玉県知事を4期16年もやっていたそうです。そもそも4期ってちょっと異常じゃないの?何故?

そして71歳になってもまだ肩書が欲しいというから欲張りだよね。

現在の大野知事は(参議院議員から知事に立候補して当選)6月から知事選に出ると表明していたが、8月に辞職をしてくれれば応援しますよと上田元知事が取引したのではないか。



そういう怪しい噂は前からあったそうです。その辺の面白い解説は立花孝志のYouTubeでどうぞ。

71歳の爺さんが肩書欲しくて小細工したため、しなくていい補選をすることになり、その経費が22億円かかる。私利私欲のために血税を使う事になったのなら許せませんねぇ。
これは投票に行って意思表示しないと。


何でも埼玉県は今まで投票率が25%前後とかなり低いそうです。でもこの選挙はやっぱり投票しないと。
上田元知事が今から議員になって何をしたいのもちゃんと聴きたいですねぇ。

YouTubeを観てる埼玉県の有権者がどれだけ投票に行くのか、YouTube効果がどれだけあるのかも楽しみではないかと。埼玉県民じゃなくてとても残念です。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました