老衰するまで…と思ってたのに、まさかガンとは予想外でした

父親が胸板の上が小さく腫れて、痛いと言い始めたのが7月末頃。

それから8月になっても痛くて、母親が張り薬を貼ってたのです。しかし、腫れは引かず痛みは少しづつ増し、頻繁に痛いと言うようになってきた。

それを聞いて、何かバイ菌に感染して膿でも溜まり腫れたのかと思ったけど、腫れてる部分の色は普通の肉色なんです。
かかり付け医の通院時に診て貰おうとしていたら、9月の台風被害に遭ってしまった。

スポンサーリンク

CTスキャンかMRI、血液検査では判らなかった

何だかんだ邪魔されて日にちが経ち、かかり付け医でやっと検査を受けたけど結果は異常無し。
結局、大病院の外科を紹介されてMRIを撮り、そこで痛みの原因が骨肉腫と判明したのが10月1日、痛いと言い始めてから2ヶ月が経ってました。

MRIの画像にはぐしゃぐしゃとした盛り上がった感じの腫瘍があって、肝臓にも7cm大のポリープが出来ていた。



恐らくですが、肝臓のポリープが起因となってガン細胞が胸骨へ出来たのではないかということです。
これだけ大きいポリープでも自覚症状は全く無くて、肝臓がんだとしても痛みが出ないらしい。

父は89歳で平均寿命はとうに過ぎ、老衰するまで生きると思ってたけど、まさかガンになるとは思いもせず、びっくりしましたね。
高齢なのでガン治療はせずに、痛みで苦しまないよう緩和ケアの方向です。


悲しい気持ちよりも、ターミナルケアへ行きつくまでに自宅療養、家族で看護するしかないので、この先どうなるやらとショックが大きい。
今は健康保険が厳しいらしく、本当に病状が悪化しないと入院は出来ないそうです。

しかし、ここへ行きつくまで方々の病院巡り、しかも病院は混んでて一日がかりですからワタシも本当に疲れました。

カウントダウンが始まったといっても、今は痛み止めを飲めばまだ何とかなっている状態。これからの事は少しづつ準備です。

コメント

  1. SUZU より:
    アンちゃんの件が少し落ち着いてホッとする間もなく、お疲れでしょうね。お父様のこと、色々な意味で大変になろうかと推測致します(私の父も大変でした。本当の最期はあっけなかったですが)。大型台風などもあり想像を超えておりますが、どうぞご自愛ください。
  2. ユウ より:
    suzuさんお気遣いありがとうございます。今は何とかなってますがこの先どうなのか予想がつきません、行きつくまでが大変だなーというのは想像つきますが。。。猫も高齢、親も高齢、同時にだけはやめてねという気持ちですよ。
  3. ヘムヘム より:
    ユウさん、お久しぶりです。前にメンタリストの記事にコメントさせてもらいました、ヘムヘムです。 私事なのですが、実は私も今年乳ガンになりまして…。まさか自分がガンになるなんて!まだ30代なのに!って、最初はひどく落ち込みました。でも、痛みも不調も無く、治療しながら今まで通り変わらず一人暮らしで生活してます。 この先どうなるんだろうって、先の見えない不安、よく分かります。私も、3カ月後、半年後、元気なんだろうか?とか、いつ、どのタイミングで、どんな症状が出てくるんだろう?とか、そんな不安で頭がいっぱいになります。もしかしたらガンそのものより、そういう不安との精神的な戦いなのかもしれないなーなんて思います。 お父様、緩和ケアで少しでも痛みが和らぐといいですね。ユウさんも、あまり気負いすぎずお過ごし下さいね(^_^)
  4. ユウ より:
    ヘムヘムさん、明るく書いてらして偉いなーと尊敬しますよ。自分の命の事なら親の場合よりも何倍も辛いと思います。軽々しくその気持ちが解るとは言えませんが、何とか乗り越えて快方へ向かうと良いですね。近くでもどこでも良いですが、是非神社に行って神様に祈念するのをお勧めします。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました