出来ることと向いてるのは違う、そこが重要だったのに…

スポンサーリンク

6月から7月にかけて、母親のガン治療のため週に5回×5週間、25回連続で放射線治療に通いました。
片道約40キロで往復80キロ。今思うと良く通ったなと思います。

そこは国立の大学病院で、建物がいっぱいあって広大な敷地でした。

あのドクターXもここで撮影してたそうですが、コロナ禍だと当面、続編は無理でしょうね。

さて本来なら入院して治療するのが妥当と思いますが、病院側はよほどの事が無い限り入院させたくない様子でしたね。

コロナの患者を受け入れてるから、感染リスクを負いたくないのかなと。

スポンサーリンク

これもさだめと諦めて…

何だか修行僧の勤行みたいだなと思いながら5週間通いました。

治療が終わってから一カ月後に検査をし、腫瘍がどうなったか診察しましたが、おかげ様でガン腫瘍のあとはきれいに消えていた。

苦労の甲斐があったというものです。

今後は月一で検査をして、放射線治療の後遺症確認や、ガン細胞がどこかへ飛んでないか確認する。

放射線治療は患部の周辺にダメージがあります。気持ち悪くて食が進まないと母も良く言ってましたし、骨がもろくなって折れてしまう人いるとか。

外科的治療よりは楽とはいえ、甘く見ない方がいいですね。

母の病気もひと段落したわけですが、つくづく病院や医師については思う事がありました。

 

医者も人によって違うと。医師免許持っててもレベルもそれぞれ。お勉強ができるだけじゃダメな職業第一位ですよ。

医者こそは適正が外せないのじゃないか思います。

出来ることと向いてるのは違う。医者に限らず、全ての職業は適性が重要だけどね。

自分自身も振り返ってみると、適正が…なんて念頭に無かったです。

今更な事ですが若い頃って考えが浅い、全くお恥ずかしい限りです。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
◆◆更新中です♪
思う事
スポンサーリンク



ちょっとアレですけど、セミリタイアしました
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました