スポンサーリンク

ローン支払不能になったら人生が狂ってしまう

バブルの頃の不動産価格の高騰ぶりはすさまじかったけど、その後数年間はまだまだ高かったです。

ウチの姉夫婦がバブル後に一軒家を建てたけど、月に9万位の支払い額のローンを義兄の定年ギリギリまで組んだと聞きました。恐らく新築で4千万ちょっとしたのかもしれません。

しかしその家を今売るとしたら当然1千万にもなりません。。。姉夫婦も値段の下落に嘆いてました。神奈川県の割と田舎なんですが酷いもんです。

ウチの親も茨城の家を1990年に1800万で買い、去年売る時は280万でしたから地方の値下がり度は殺人的です。


元同僚の実家は塗装業の自営で、2代目が同僚の父親でした。割と儲かっていて、ずっと裕福だったそうですよ。偶然、ワタシの家の近くだったから家の場所も知っていました。



土地は御祖父さんの代からのもので、バブル後に鉄骨3階建ての大きな家を新築したのです。多分、固定資産税は年50万ぐらいはするかな?相当高いはずです。

その後、元同僚の父親が病気になって、あっという間に亡くなってしまいました。不景気のため家業の業績も悪化していて、ずっと経済状態も厳しかったらしいです。

羽振りの良い時期に建てた家のローンは高額で、その残高は家族で支払いをしていけそうもない。結局、元同僚の実家は競売にかけられました。

その後しばらくして前を通ったら、駐車場にベンツが停まっていて外から見える窓辺には胡蝶蘭が。前とは明らかに様相が変わってお上品な感じです。



今住んでいる住人は本当にお金持ちそう。元同僚には悪いけど、こういう人が本来この豪華な家に住むべきなんだと思いました。

不動産の値段が高い時代に家を建て その後ローンが支払えなくなって手放した話はよく聞きます。ワタシが初めてマンションを探した時は「何があっても毎月支払っていける」と設定したローンの金額範囲内で買えるものを探しました。

もし支払不能になったら人生が狂ってしまう。何のローンでも、自分の許容範囲の金額で、確実に支払い出来る金額に設定するべきですね。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

コメント

  1. いつも猫の写真は一眼レフかなにかの良いカメラで撮ってるんですか? これからの日本は世帯数減少でますます住宅が余って価格は下落していくでしょうね。 ローンは恐ろしいですな。
  2. ユウ より:
    招き猫の右手さんこんにちは。猫を飼うと何故か写真を撮りたくなります。不思議ですねぇ。カメラは一眼レフですがいつもオートで撮ってますヨw 
error: Content is protected !!