スポンサーリンク

似合わなかったらどうしよう?急激な変化にアラフィフはついていけない

昔、賀来千香子さんが雑誌「JJ」のモデルをやってた頃はサーファーカット(?)のさわやかロングヘアでした。そして今は随分とバッサリと短くして長めショートヘア、前とはイメージが随分と変わりました。でもさすがに女優さんですからとてもお似合いです。

トシを取って来るとタテを強調すると老けちゃいます、横にふんわりさせた方が明るく若々しく見えるのですよね。
さてワタシもずっとロングヘアだったので、アラフィフになってからどんな髪型にしたらいいか悩みました。同年代の方なら判ると思いますが、どうしても髪のハリツヤ、ボリューム等、若い頃と比べて質が落ちてくる。

髪型を変えないまま若々しくオシャレなアラフィフのでいるのは不可能ですヨ。前にも書いたけど、矢部美穂さんのお母さんみたいになったら目も当てられませんてw


なるべくこざっぱりとした髪型の方が絶対いいけれど、何しろ30年位ロングヘアやってると、なかなかバッサリショートヘアにするのは容易じゃないの。これは勇気がいるよ、あまりに急激な変化にアラフィフはついていけないのだ。

もしバッサリ切って似合わなかったらどうしよう?ショックで寝込んでしまうかも。。。
というわけで、ノミの心臓のワタシは段階的に少しづつショートヘアにしていこうと思いました。そして3月から計画して、今月、4回目のカットでやっと目的の髪型になったのでした。

こんな感じですかねぇ~(´・∀・`)(※イメージ図です)

ウーン長かったワ、7ヶ月かかりました。以前ミッツ・マングローブさんがしてた髪型が素敵で真似た髪型ですが、やはりいきなりここまで短くはできなかったと思います。徐々に自分の似合う方へとアレンジを考えて、やっと辿り着いたという感じ。
美は一日にしてならず、という通り全く手間がかかりますよねぇ。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!