疎遠な同級生に大金貸してと頼まれた話

ワタシの友人で資産家の女性がいます。
元々の生家も金持ちなんだけど、兄弟達と分けた親の遺産を食い潰す事も
なく、さらに事業や投資運用で、自分自身の裁量でお金を増やしたのです。

そういう人って生まれながらに金運を持ってるのかな?
羨ましいなぁ~

 
生活レベルは当然のごとくワタシより上で、歳も一回り程上なのだけど
彼女はいつも美味しいものをご馳走してくれて、話も合うので仲良しです。 

ある日、その彼女のところへ学生時代の同級生から電話があったとの事。

もう何十年も会っていない人からの突然の電話だったので
ちょっとびっくりしたそうです。

「ひさしぶりねぇ」などと挨拶から話が始まり、軽く近況など話終わると
「実は息子が・・・」と、本題を切り出されたのです。

ブランドショップをやっている息子さんの商売の資金繰りで、どうしても
300万足りないので貸してくれないかという話。

当然ながら、貸せる訳もないのでお断りしたそうだけど。
 
しかし、疎遠な同級生にいきなり大金貸してと頼むこの同級生もよっぽど切羽詰ってたのかな。
 
サラ金で事業資金を借りるようになると そんな会社は間違いなく最後は
潰れる、と元サラ金業者がテレビ言ってました。

サラ金業者は潰れると判っていながらも、最後まで回転させ、搾り取るそうですよ。 
怖いですね。。。 

「ナニワ金融道」みたいな感じですね。

今回だけじゃなく、お金持ちの彼女のところには一見、儲け話のようで実は
怪しげな話や、良い人も悪い人も色んな人が近づいて来るのです。

昨日の甘利大臣と同じだな。
 
お金や権力を持ってる人は油断ができませんね、うっかりすると食い物にされかねない。
ワタシはそんな心配のない身だからヒトゴトで気楽ですよ~  

IMG_5575

   早すぎてブレブレです・・・         


 
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

フォローする

Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク