ストレス生活から脱出したい気持ちが一番でした

ワタクシ、セミリタイアして丸三年経ち、7月にちょうど4年目に突入します。今までにセミリタイアして後悔・・・なんてするわけありません。生活のお金にさえ事欠かなければ後悔も心配ごとも無しですね。
ペットの猫4匹は皆健康で可愛いし、大好きなガーデニングはやりたい放題出来ます。花とグリーンに囲まれた生活をするのが夢だったのです。だからそれがセミリタイアの目的といえるのかなぁ?

セミリタイアを考えたキッカケは、女性が定年まで勤続出来ない会社に勤めてて、先が無いなぁと思った事と、仕事と職場の人間関係にほとほと嫌気がさした事でした。そのストレス生活から脱出したい気持ちが一番で、しっかりしたセミリタイアの目的なんて無かったなと思います。

ギリギリ49歳でセミリタイア出来た時は「もう充分働いてきたし、今までワタシ頑張ったもんね。だからここいらでリタイアして、ゆっくりしても罰は当たらないよね?」そんな心境でした。


だけど実際のセミリタイアの生活は暇と言えば暇で、ずっと家に居るから一人暮らしだと誰とも話をしないです。孤独ともいえるし、ひとりが平気な人じゃないと合わないかもしれません。孤独だけど、でも自由だし、いい面、悪い面どちらもあると思います。

とはいえ、ワタシも一度喪失感に襲われた事が有りました。あれはセミリタイアして数か月後だったかしら? 達成しちゃった無力感と、移住をしたせいで生活環境のギャップがあったのかもしれません。ちょっと鬱になってしまったみたいでした。。。

誰にも会わないで、社会生活を全くしないのも心身共に良くない。それで週3回の短時間バイトを始めました。少しお小遣いになりますしね。
でもストレスになればいつでも辞められると思うと、意外と気楽に続けられるもののようですヨ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ぽこ より:
    全てに於いて賛同です。 私も週2回社会と接する活動をして 小金を稼いでいること以上に、そこで人と会話していることが 自分を支えているのでした。 ある日父に「今日は生徒1人 しか来なかった。 もうこの仕事だめかもしれない。」と 言ったら、「お前はこの道のプロだろ。 有名な落語家も 客が1人でさえ、前座時代全力で講話したんだ。 しっかり やってこい!」と発破かけられました。 母が生存中は 母とだけ会話し、父は石ころのような無口な人だなと 思っていましたが、他に接する家族がいなくなると、良い面 がたくさん見えてきたのでした。 今後私に頼るつもりは ないらしく、老人ホームに入居予定との意思。  持ち家は私が相続と遺言に書いたそうですが、あんな広い 家に一人で住んだら寂しくて死にそうだし、固定資産税と 管理の手間回避のために取り壊そうにも、思い出の品ぎっしり で生きている限りはそんなことできないし、困った困った という感じ。 現金含めて、全部姉に相続してもらおう とその時がきたら相談と思っていました。 また自分語り 失礼致しました。 ゆうさんの文章は簡潔で知的でオシャレで、 一方私は人のブログで冗長に語り、本当に申し訳なく思って おります。
  2. ユウ より:
    ぽこさんこんにちは。優しくて素敵なお父様なんですね。ワタシの文章を知的、オシャレなどとお褒め頂くなんて… 全くお恥ずかしい限りですヨ~(・ ε ・)