アラフィフの髪型って鎖骨より長いのは厳禁だワ

あれほど蒸し暑かった日々から打って変わって涼しい日が続いてます。でも夜間になると虫の音が(鈴虫?)スゴく聴こえてくる。あれ?窓開けてたかな?と思うくらいです。暑い時より秋が近くなると鳴くものなのでしょうか?

ダラダラ汗のかく夏はほぼ毎日髪を縛った状態でしたので、髪は伸びっぱなしだったけど、やっとヘアカットする気になりました。3ヶ月振りですから毛先も傷んでましたね。

行きつけの美容室はウチから3キロくらいの所にあり、料金はカットで4,000円。以前の東京に住んでた頃は5000円で、1000円の価格差しかないから、土地の値段の差を考えると田舎の美容室の方が利益が大きいのじゃないかしら? お店を開業する場合は都会に限らずとも良いかな~?なんて思ったりして。まぁ要らん心配ですがw

若い頃、ワンレングスというロングヘアが流行り、御多分に漏れずワタシもその髪型でございましたw ヘアスタイルの流行って時代がわかりますね、今写真を見ると古臭くて笑います。


そして5,6年前まではヘアカラーが流行りでした。黒髪だと野暮ったく見えるので仕方なくワタシも染めていましたが。
あの茶髪ブームが終わってくれてホットしましたヨ。今後、染めるとしたらもう白髪染めだろうな~ でもなるべく染めたくないので、白髪にならないよう髪に良い栄養とって防ぎたいです。

そう言えば、土曜日の「サンデージャポン」に出てる矢部美穂サンのお母さんを見て、「高齢になってからのロング、しかもストレートヘアって恐いよなぁ…」と再確認しましたw きっと若い頃は美人だったかと思うけど。。。

今でもたま~に聖子ちゃんカットのオバサンが居てビックリするけど、アレって一体どういう思考なんだろか? 変化が嫌いなのか?でもマズいだろ?誰か本人に教えてやってよ!と心の中で葛藤します。

そういうわけで、髪質もイマイチになってきた40代、50代のアラフィフのヘアスタイルは鎖骨ぐらい、ロングヘアは厳禁だよね~と思います。ワタシも今回は短めにバッサリカットしてもらい、さっぱりしましたヨ。

コメント

  1. ハルちゃん より:
    高齢女子の髪型って本当に難しい。 ゆうさんはワンレングス経験者、羨ましい。顔面の大きい私にはあこがれのヘアースタイルでした。昔、土左衛門の様な髪型の年配の同僚がいて…肩までの長い髪に頭頂がかなり例の「◯ゲー」という感じ。ツヤビカリしていたんです。女の人なのに何故◯ゲてるんだろう?彼女を見るたびに不思議に思っていたものです。が、その私が今や薄毛なのですよ!!美容院から髪を売って欲しいとまで言われたフサフサ髪も今や3分の1位のトホホ状態。さらに歳を重ねていくわけで似合う髪型とか無関係に、清潔感と手軽さ第一ですね。
  2. ユウ より:
    ハルちゃん、顔面大きいって…笑いましたw あの頃は皆がワンレンでしたね。だた、ワタシ今もワンレンの頃のせいで前髪を短くするのに拒否反応が出て、長くしてます。そういえばうちの母は薄毛で、ミリオンヘアーが欲しいと頼まれましたw そんなもん付けなくても、こざっぱりしてればいいのにね。