スポンサーリンク

猫だってうつ病になる事がある

 
さて ワタシは猫飼い歴16年で現在3匹飼ってます。
最初の飼い猫は住んでいたマンションを根城にしていた母猫から産まれた野良の子猫でした。野良のお母さんは普通のキジ猫だったけど、生まれた子猫は長毛の、びっくりするくらい美猫だったのです。
そしていつからか母猫が居なくなってしまい、心細くてその子猫はピーピー鳴いてました。
それで名前を「ぴー」と名付け、自分の飼い猫とすることにしたのです。
その頃は初めて猫を飼ったので判らないことだらけ。このぴーちゃんと共にワタシも飼い主として修練を積んできましたね。

スポンサーリンク
 
 
そして飼い始めてまもなくの頃 ある出来事が起こりました。ぴーちゃんが部屋の隅っこで遠い目(?)をして私をボーっと見てるのです。呼んでも来ない。 具合が悪いのではないようだけど一体どうしたのか?
どうもそれは寂しがってるんだと判明したのは 猫の飼い方の本がヒントでした。今思うと呆れてしまうのですが 当時、仕事も忙しかったワタクシはぴーちゃんに対して話しかけもせず、スキンシップもせず、ただご飯の用意とトイレ掃除をしていただけだったのですよね。

お外にいる猫と違って家猫は飼い主との生活が世界の全てです。飼い主とのコミュニケーションがない生活はきっと寂しくて悲しかったと思います。
飼い猫だって人間の子供と同じで、なんら変わらない心を持ってるんだなと思います。
 

DSCN1323子猫の頃からの美貌は今も変わらないぴーちゃん・・・ 
 
 
あれから16歳となり、ぴーちゃんも歳は取りましたが今も元気で、遥々東京から田舎へと一緒にやってきました。 今、我が家では3匹の猫にしょっちゅう話しかけますし、頭や体は毎日チェックも兼ねて撫でまわし触っていますよ。
 
そして猫もおしゃべりしてきます。(文句や要求がある時だけねw)
他の2匹についてもドラマがありますがそれは又。
  

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ami より:
    はじめまして こんにちは。。。^^ 何とも愛らしいポーズの、キュートな美猫ですね 猫もそれぞれの性格があって子供みたいですよね 毎日一緒にいて楽しすぎて飽きないです。。。^^
  2. ユウ より:
    amiさん こんにちわ! 猫たちには毎日癒されてます。 見てるだけでも飽きないですよね(*^^)