45歳以上のリストラ、年取ってポイは酷い

業績絶好調だというのに、キリンが45歳以上の早期退職募集をするそうです。

今年になって同じく業績不振でもないのに早期退職者募集する大手企業が何社もあったけれど、これは先行実施型のリストラというそうです。

スポンサーリンク

好業績でもリストラするなんて…

大企業はいまだ年功序列の賃金体系なので50代以上の社員構成比が高いと人件費がかかり過ぎる。

ビジネス環境の激変で適応が鈍い中高年より、伸びしろのある若手に人的投資したい。

国からは定年延長と、高齢者の再雇用を企業に迫る“強制高齢者雇用”になってきてるので、高齢者一歩手前の「バブル入社組」を減らしておきたい。

そして本当に不況になっちゃうと効果ないので、まだ転職環境が良いうちに辞めて下さいねというのが狙いなんだと。


バブル世代は今やリストラのメインターゲットだなんて、同世代としては何とも世知辛い思いです。会社員じゃなくてホントに良かったと思う。

思えばワタシも、勤め先の会社は50代以上で女性が居続けるのは無理筋でしたから、その前に色々悩みましたよ。いざその時になってオタオタしたく無かったのです。

新しい技術と環境に適応出来ない年取った人は要らないよ、なんて勝手なもんだ。誰だって年を取るし、今20代だっていずれはオジサンになるのにね。



恨み節の一つも言いたくなるけど、これはもうどうしようもない世の流れ。会社員人生は45歳になったら一旦終わりのつもりで、次の人生を考えておくべきなのかも。

でも全ての大企業がこんなリストラするわけじゃ無いし、それはやっぱり社風の違いかしら。

就職する時はよくよく見定めて会社を選ばないと、若い時だけ重宝がって年取ってポイは酷いよ。。。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました