2度の修理の末、やっと車のエアコンから冷風が出て感動しました

15日の土曜日にデミオの一年点検に行き、エアコンが効かない不具合を直して貰い、その帰宅の道ですぐに再度の故障確定…という、情けない事になりました。

 

ネットで色々調べましたらワタシが購入した(平成28年6月)と近い時期に同じく購入された方で、やはりエアコン効かなかったという方が。

多分、製造時の部品で欠陥品があったのだろうな。。。残念ながらワタシはハズレを引いてしまったのですね( ;∀;)シクシク

とはいえ、本来の走りの部分では何の不足もないのです。加速もブレーキもいい感じでとても走り易いし、デミオは本当にイイ車だよね~と思う。だからエアコンの不具合があっても憎めないの。

スポンサーリンク

車のエアコンが効かない原因は

というと、だいたい以下が原因

●コンプレッサーの故障
●コンデンサーファンの故障
●ガス(冷媒)切れ、またはガス漏れ

台車の赤デミオ


ガス漏れに関しては、普通ガスが漏れる事はないそうなので、やっぱり部品が欠陥品だったというわけですね。
それで2度目の修理でしたが結局、コンプレッサーとコンデンサーファン共に交換となりました。怪しい部品を変えてくれたのは良かったな、と思います.


最初はガス漏れだけで、エバボレーターを交換したけど、バンパーを外してみたらコンデンサーファンのところがオイルの漏れ跡があったとか。それもやっぱり部品が欠陥品だったのかな…

 

そして現在はエアコンも冷風がちゃんと出てきますので、どうやらこれで完治したようでヤレヤレです。ちょっとケチがついたかっこうだけど、3年の保証期間過ぎてから不具合が出て自腹で修理なんて事になるよりは、いま壊れて部品を交換して修理したことが結果的に安心だよね、と思う事にしますヨ。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました