スポンサーリンク

鼻に酸素ボンベの管を通してヨイヨイで生き長らえるなら死んだ方がいいって思います

福井市が大雪で車が立ち往生してて、8時間で1キロしか車が進まないというニュースをテレビで観て、本当に雪が降る土地に住むのは嫌だぁ~という思いを強くした。

アラフィフになってから酷い冷え性になってしまい、足先はいつも冷たいし、車を運転してるとジーンズの膝下が、スネがじんじん冷えてくるのがわかる。こんなワタシは、おそらく雪国で余生を送ったら寿命が縮むと思う。

ウチの両親は北海道出身なのですが、人生の半分は北海道で過ごしたのに寒がりです。

以前に、今の住まいの関東と北海道ではどっちがいい?と尋ねたらば絶対雪国はイヤと返事が返ってきましたね。夏は過ごしやすいけど、冬は雪かきで大変なんだと。




通年過ごすには北海道は過酷です。
雪かきが大変なら北海道でマンションに住めばいいのではないか?と思ったのですが、そもそもマンションって札幌ぐらいしか無い。

でも北海道に住むならば緑の草原や牧場が見えるような場所に住み、ジンギスカンを食らう生活がしたい。しかしそうなると冬は雪かきと除雪がセットなので厳しいですね。


父親の病院では酸素ボンベの管を鼻に通し、もう歩くことも出来ずにベットに寝たままで生き長らえてる老人を良く見ます。
ワタシはそれを見るといつも、「もうあんなんじゃ楽しい事なんかないだろうし、本人も生き永らえていたいと思ってるかしら?」



ああなったら家族や人様の負担になり迷惑かけているだけ。自分で歩く事、トイレも自力で出来なくなったらもうこの世に未練無し。

この先ワタシの世代が老人になるまでに安楽死法案が可決してくれればなと思う。子持ちの人も子供には迷惑かけたくないと思ってるので、お一人様とかシングルは関係なしの問題だと思う。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

コメント

  1. masa より:
    天ぷらに手を出す猫ちゃんにつられて投稿です; >安楽死法 うーん、苦しまずに逝けるのなら否定はしないです。寝るのと一緒みたいな。親族も準備ができて悪くないんじゃないでしょうか。困るのは医者くらい!? >寒がり 聞いた話だと、道民は暖炉に火をくべて薄着で過ごしているといいます。断熱をしっかり施した家に慣れちゃっていると、寒さに弱くても不思議はないです。 今、さっぽろ雪まつりが開催されていますが毎年は行きたくないですね。レンタカーも運転も出来ないですし。
  2. ユウ より:
    天ぷらで笑いましたw いやこれは焼き芋です。ワタシが食べていると猫達は狙ってすり寄って来るのですヨ。 さっぽろ雪まつりかぁ… 寒いけど雪まつりは賑やかでいいもんです。
error: Content is protected !!