お金のトラブルで友情が壊れてしまった話

地上の人間ひとりひとりには守護霊様が付いていて、見守る役目をして下さってるというスピリチュアルなこと、ワタシは信じてます。


時にはヒントとなるアドバイスを降ろすことがあり、例えば誰かと会話の中、雑誌の文章や広告、観ているテレビなどに潜ませて大事なメッセージを知らせてくれたりするともいう。


守護霊や導きの霊が、その人に伝えたい事を偶然を装って届けたりするそうなので、人から伝えられる言葉や、周囲で目にする言葉などには、注意を払っておく方が良いのだそうです。


さて学生時代の事ですが、アメリカ留学から帰国する友達B子を成田空港まで迎えに行こうと友人3人と新宿で待ち合わせをしました。

しかしその日ワタシは運転免許センター(二輪免許の更新日ギリギリで)に行かなくてはならず、午後の待合せ時間に間に合うかは微妙な感じだったんです。

冷や冷やしたけど何とか更新手続きは完了し、新宿に行くため電車に乗り込んだ。あーやれやれ間に合うかなとホッとしたのも束の間、なんと、ワタシは逆方向の電車に乗ってしまっていたのです。



乗るはずの車が事故に

急行電車だったからすぐには停まらないし、引き返して戻った頃にはもう待合せ時間には間に合わず。そしてワタシが来ないと諦め友人達は成田へ向かったそうです。

さて翌日学校に行ったら、昨日とんでも無い事になっていたと知りました。なんと成田からの帰り道に前方の車に追突して事故ってしまったという。

運転してたAちゃんは知り合いの車を借りたのですが、その車の任意保険はAちゃんが運転手の場合だと適用されないものだったそう。

ぶつけられた相手方は無保険の車と諦め、自身の自動車保険を使ってくれたそうだけど、借りた車の修理代40万円は負担するしかない。さてそれからが大変な事に…

結局Aちゃんの親は全額負担する事に納得せず、同乗していた全員に負担をしろと迫ったのでしたが、皆学生ですから大金なんて持っていません。

親を巻き込み、お金で揉める…



友人達の親は同乗してただけと負担に応じることはなく、当の友人B子だけは3万だけ渡したそうですが、このお金のいざこざで友情はぶっ壊れてしまいました。

今大人になってみると、借りた車で遠出する方も、車を貸す方も非常識だったと思います。当時は子供で、良識ある判断力が足りませんでしたね。

でもせめて社会人であれば少しは費用負担できただろうな。良かれと思って迎えに行ってくれたAちゃんに大して今は同情します。


それにしてもワタシが待ち合せに間に合っていたらこのトラブルに巻き込まれてました。あの時、「アレ~?電車間違えるなんて何やってんの、ワタシ?」と、とても不思議だったのです。

親を巻き込んでのトラブルになった時、何だか見えないものが、この災難に巻き込まれないようにしてくれたのかな?と感じました。今になってみるとあれはきっと守ってくれたのだなと思いますね、感謝です。

スポンサーリンク
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
SNSフォローボタン






error: Content is protected !!