スポンサーリンク

年下の若い夫だから羨ましい、という事は全然思わない

ワタシよりも2歳下の知り合い女性なのですが、超年下男性と結婚したそうです。
共通の友人から最近になって聞きました。2年前結婚して年の差は実に18歳なんだとか。ということは妻は現在52歳で、ダンナは現在34歳という事だ。

そういえば昔、小柳ルミ子が大澄賢也と結婚した時でしたが、マスコミがこぞって「年下男と何やってんだ、けしからん」的な事をかき立てて相当責め立てましたよ。

しかし、今になって考えてみれば、あの時小柳ルミ子さんはまだ36歳で、たかだか13歳の年の差だったのです。
それでもあれだけ世間から色々言いそやされたのですから時代は変わりましたよね。。。



前に書いた年下の差の法則からいくと、52歳だと33歳までだから歳の差の限界ギリギリか。その知り合い女性はバツ1の二人の子持ち。でも実家が金持ちだからダンナの方は逆玉に乗ったと思います。

優雅なセレブの年上女性に憧れの気持とやすらぎを求めたのかな?

伴侶を見つけて良かったね~と思うのですが、年下の若い男だから羨ましいという気持ちは全然無し。このトシになって30代前半の男なんていくら何でも気が重いわ。

若い夫のために身なりや体型維持に手を抜かず、ずっと美容に気を使い続けるなんて無理かも。。。

いくらケアしても18歳差は埋められませんよ。二人で並んだ時、他人にどう見えるかなと気にしそう。自分が還暦を迎えた時、夫はまだ42歳なんて…微妙だし。

その不安を埋めるのは金なのだろうか?カネ持ってれば自信になるものね。

超年下夫を持つ女というのは、「若い女と浮気するならどうぞ、いつでもはいさようならよ」強気でそう思える人でなければ向かないだろうなと思いますね。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらもお勧め記事です

error: Content is protected !!