ケチってばかりじゃ生活がつまらなくなる

セミリタイヤカテゴリーに居ると資産額など、お金についての話が多いけれど、実のところもうお金についてあまり興味が無くなりました。

ワタシの感覚からすると、そんなに必要ないでしょと思うような資産額を持っていてもまだ足りなくて、年金も全くアテにしてない人もいる。

心配性じゃね?と思うけど、考え方って本当に人それぞれですよね。まぁ他人がいくら貯めてリタイアしようが、もうどうでもよろし。

株の方も今は暴騰レシオや日経平均が大きく上がれば日経平均ダブルインバースなどを買い、逆に下がれば日経平均レバレッジを買うという、小銭稼ぎ程度の投資しかしていません。




多分、リタイアする目標を達成し今の生活に満足してるので野心も欲も無くなったんだと思いますね。

リタイヤする前は色々シュミレーションして生活資金の見積りをたてましたが、実際生活してみたら試算したよりも全然お金を使わない。
そうそう不測の事態って起こらないし、不確定な支出を心配し過ぎる事は良く無いよねと思った次第です。

それで、実際自分の生活レベルはどんなもんかというと、食べたい物は食べるし、必要と思えば欲しい物は買ってます。



田舎へ移住したため、車通勤で街のネオンや余計なものを目にしないせいで消費する機会と物欲がガクンと落ちたのかもしれませんが。


合理性を考えて倹約はしてますが、ケチに徹して何でも安い方を選ぶことだけに固執すると心が豊かにはならず。発想が貧困になって生活がつまらなくなるんですよ。

生活がつまらなければリタイアした意味が無いよね、と思うのです。

スポンサーリンク
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
SNSフォローボタン






error: Content is protected !!