性根が座ってないから、心構えが甘く忍耐力がない

スポンサーリンク

3月下旬から昨日まで、けっこうバイトのシフトが入ってたので非常に疲れました。
普段ユルユルだから堪えます(´・ω・`)・・・

あーあ 、やっぱり労働って大変だ。なんかなぁー、メンドクサイなーって思います。

生活のために働いていた昔と違って、今はお小遣い&運動のためだから自分に甘くなる。性根が座ってないから、心構えが甘くて、忍耐力がないのだ。

スポンサーリンク

働く意欲は金銭ですよ

 

もういつ辞めても・・・と思うけれど、就労のために手間隙かけた手続きが無駄になるのも悔しい。
いつまで続けようとか気負わずに、嫌になった時か、体力的に無理となったら潔く辞めようと思います。
これだけはセミリタイアの働き方として曲げられないところですね。

そもそも働いて稼ぐなら東京の方が求人も多く稼げるので田舎へ移住した意味がない。
迷ったときは、ワタシが今ここにいる意味は…と原点に戻って考え判断しよう。

DSCN0160 (800x600)

           何を必死に見てるのやら・・・

それにしても田舎へ越して来て以来、周りは年寄りばかりでいささかウンザリですね。
やっぱり年寄りばかりだと空気が重くなります。

自分も齢を取っていくから余り認めたくないけど、年寄りに生命の息吹きは感じない。ワタシも気を付けようと思う。


今の仕事先で同年代のパート女性はいるにはいるけど、どっぷり主婦業の人だとそれほど話が合うわけでもないです。

 

子供の話なんかされたらワタシのような身の上の者はお手上げなのよ。

他人がよその子供に興味があるはずないと判らない方がおかしい。ワタシも猫の話はあまりしないよう気をつけよう… 

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました