今年の箱根駅伝、神奈川大学が2区トップで驚いた

また今年も青学の圧勝となった箱根駅伝。
ちょっと詰められた区間もあったけど、次の選手がその分をすぐ盛り返したりで全くハラハラする場面が無し。手堅い走りで追随を許さないという感じですね。
実力がある選手が揃っているのだと思う。

でも、ともかくもあの原監督の采配がドンピシャリなのは間違いないようでした。ワタシが見るところ、あの原監督は運の強そうな人だと思う。。。

ちょっと前の昔、山の神と言われた柏原選手がもてはやされてた頃、
東洋大学が今の青学のように連覇してたけど、当事の選手が皆卒業してしまったらやっぱりパッとしなくなりました。あの頃は柏原君の他にも設楽兄弟だとか実力選手が揃っていたっけ。そういう選手に恵まれた数年間がチャンスのようですね。

今年は4位以下から10位までを争って近年下位の大学が俄然抜きつ抜かれつデットヒートしてて見ごたえがありました。特に驚いたのは神奈川大学。ワタシが箱根駅伝を観るようになってからはトップ争いに加わった事は無かったと記憶してます。


2区の選手がトップでタスキを渡すなんて目を疑いました、えらいこっちゃ~と。でもトップはつかの間で、そのあとの選手になるとやっぱりズルズル抜かれてしまいましたけどね、残念。


大学駅伝はけっこう盛り上がってるけど日本の男子マラソン会は今、全く悲惨でメダルなんて夢のまた夢です。名の知れた選手もいないしね。。。

是非に、大学駅伝で活躍し→実業団入り→オリンピック選手なりメダル候補となって欲しいな。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク



error: Content is protected !!