スポンサーリンク

今年の就活は売り手市場と聞くと氷河期世代が可哀想になる

いま国会で散々やってる森友の決済文書の書き換え疑惑問題だけど、もし書き換えしてたら公文書偽造罪で大変な事になるので、公務員がそんな危険なことするのかな?

昨日の「ザ・ボイス」で高橋洋一氏が言ってたけど、そもそも本物の文書は大阪地検に任意提出した中にあるそうで、大阪地検が返してくれさえすれば国会にそれを提出できるのだそう。大阪地検は何故返さないのか?。。。
素人の一般人の意見だけど、公的な人達ってやたら物事をややこしくするのが好きだよねーと思う。

スポンサーリンク


森友の話題はもううんざりで、野党も鬼の首取ろうと必死すぎてイヤだ。しかも比例復活当選した議員が、ここぞとばかりに目立とうとしてる。どうせ名と顔を売りたいだけでしょ。もっと有意義な討論してくれないかなーと思う。税金の無駄遣いが一番許しがたいです。

高橋洋一氏というのは嘉悦大学の教授でもあるのだけど、今年の就職戦線は大変な売り手市場なんだと言ってました。どの企業も我先に抜け駆けして、学生を確保したくてウズウズしてるのだとか。

そんな話を聞くと、ほんの5,6年前だけど就職難の時代を思い出します。昔の超氷河期世代には及ばないけれど、結構厳しかったようで、ギリギリでやっと決まったとか、苦労話をいっぱい聞きました。



知り合いの娘さん(高校生)の話ですがそもそも募集自体が余り無かったそうで、アチコチ受けるも落ちてばかり。やっと決まったのが日本料理店のお運びさんでした。ウーン、酷いですよ。高卒だと本当にロクな就職先が無かったようでしたよ。

生まれた年回りのせいでたまたま運が悪かった、と云われてもね。自分の努力で景気は左右でき無い。今年の就活学生と比べたら苦労の度合いが違いますから、これは本当に気の毒だなと思います。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク