スポンサーリンク

解らなければ、37%の確率で判断するのが良い

賃貸アパートを求め物件探しをするが、なかなか決められない人っていますよね?

ある程度希望条件をつけて、それに合致する部屋を内見するも、もっと良い部屋が有るのではないか、そして部屋を見過ぎたため、ますます決められなくなる人。

人間、決断力が必要な時は必ずあるもの。何故そんなに迷うかなぁとちょっとイラッとする。要するに欲張りなんだよね。

ワタシなどは直感で選ぶタイプなので、探し始めて最初にイイ!と思ったらそこに決めるタイプ。もっと良いのがあるかも…と思って探してたらキリが無いですから。

さて部屋探しに限らずとも、どこまで見て決めるかというのは「最適停止問題」といい、どこで止めるのが一番いいか?という理論があります。




例えば株で、「今すごい値上がってるけど、いつ売ろうかな?下がり始める前に売却したいけど、これからもっと上がるかも知れないし…」というのは良くある。そんな時に「この位で売却するのが一番賢い」と、理論的に決定するのが、この最適停止というワケです。笑

これを頭の片隅にでも置いておけば、日常生活で良く使えるんじゃないかと思う。株の場合は最大限欲の皮が突っ張ってるので、ここまで冷静に見切って判断できるかどうかはわかりませんが。。。

この最適停止というのは、アルゴリズム論理37%ルールというもので、数学的に計算されて出た難しい確率論なのだそう。

上記の物件探しに当てはめるとすれば、2ヶ月間で探すとして、希望条件に近い物件が8件ぐらいは出て来るのではないかと予め予想する。



そして内見を始めて3軒目までは何があっても決めない。但し、3軒の中で一番良かった部屋を記録しておき、4軒目以降にそれを越えた部屋があったらその時点で決めるというものだ。

でもあくまでこの方法で最も良い部屋を決められる可能性は37%。もしかしたら最初の3軒のうちに一番良い部屋があったら?

5番目に内見した部屋が最初の3軒を超えたので決めたが、実は次の6番目が1番良い部屋だったとしたら?

とはいえ、最初から何番目が一番良いと解らない限りは、37%の確率で判断するという事は他の方法よりも成功率が高く、そう悪くないのです。迷いやすいタチの人にはお勧めですよ。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!