戸隠神社へ②奥社への道は普通に山歩き、神がかった戸隠巡りでした

長野戸隠神社へは7月上旬に行ってきました。記事は既に書いていたのですが、その後猫の容態が悪くなったため、なかなかアップする気になれず。

遅ればせながらやっと本日アップさせて頂きます。皆さんが行く時の参考になれば幸いです。
                   戸隠神社へ①はこちら

                                                           
戸隠神社のメインイベントはやっぱり奥社です。前の日とその日の天気予報は曇りのち雨、どうか雨が降りませんようにと祈りました。

戸隠神社奥社の事は色々な方がブログに書いてたりするので、行くまでに散々読ませて貰ったのです。


おかげですっかり知った気でいましたが、本当はそんなに甘いもんじゃなかった。奥社は普通に山歩きと考えて行かれた方がいいです。

肩掛けバッグだと全然ダメ、やっぱり手が自由になるリュックにすれば良かった。


入口からしばらくは難なく行けますが、でも本当は全ての道がゆるい登りになってます。千葉は延々平地ですから坂はない土地柄。普段とギャップが激しくて苦しい。。。


そしてこの隋神門を抜けると戸隠の有名な杉並木が続きます
もし雨に降られたら道はぬかるみ、この先へはいけなかったと思います。


圧巻な眺めで、これはなかなか見ごたえがありました。
400年前に杉並木を作ろうとして、その時植樹した杉の木群だそうです。


この杉並木を抜けると険しい階段が続くのです。

ここからが本当に苦しい難所が始まり、階段の一段が高くて歩幅は乱れるし、足が重くなり助けて~と何度も心で叫ぶ。。。


本当に苦しかったので写真を撮る余裕は無し。昨日から坂道ばっかり歩いてるせいで本当に辛くて、湿布を持参しなかったのを後悔しましたから。

つくづく長野の神社仏閣巡りは健脚じゃ無いと出来ないと思います。



やっと着いたら社務所でおみくじを引く人々がいっぱいいました。ここのおみくじは自分の年齢を告げて神職さんに引いてもらうというヤツ。

スポンサーリンク

皆さん神妙な面持ちでおみくじ読んでるわ…

ワタシは…結果は吉でした。鹿島神宮で凶を引いた時の衝撃を思うと、もう贅沢は言いません、このくらいで十分です、ホント。


結構人が多いのは旅行会社のツアー客が来ていたらしい。
新宿発で9800円くらいの日帰りツアーがあったけど、実際来てみて、長野日帰りなんて無理があるなーと思います。


奥社はシンプルな、奥まで見えるがらーんとした社で殺風景でしたね。
戸隠神社は素敵なところですが、何せ殆ど坂道なので意外と足腰に負担がかかります。

体力の大丈夫なうちに行ってください。


さて、実はちょっとエエッと驚いた事が最後にありました。



遠出の時は行きと帰りで併せて何キロ走ったのかなとチェックしてますが、今回なんとジャスト700キロだったのです。

出発時は「34111キロ」でスタートし、末尾3桁がトリプル1だったので覚え易いと思ったんですね。


だからどうだというのもアレですが、ワタシは普段からメーターの数字がゾロ目だったりするとラッキーと思うタチなので。
まさか700ジャストなんて、こういうのはそうそうないことです。

何とも色々神がかったラッキーな戸隠巡りだったなーと思う。何でも良い方へ考えた方が幸せとだからね…

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました