牛に引かれて善光寺参りってどういう意味か?

「牛に引かれて善光寺参りー」という言葉は聞いた事あるけど意味は知らず。
せっかく行くのだからとちょっと調べてみました。


昔々信濃の国に心の貧しい老婆がおりました。ある日軒下に洗濯した布を干していると、どこからか牛がやってきて、角に布を引っかけて走り去ってしまった。

こら待てーと、その牛を追いかけて老婆はとうとう善光寺まで来てしまう。しかし牛はどこかへ消えてしまい、代わりに老婆は仏様の光明に照らされたのです。



それからは信仰心に目覚め、仏さまを信じてめでたく最後は極楽往生を遂げました。

さて、実は牛に見えたのは、小諸の布引観音様の化身であり、老婆のように信心のない女性に、善光寺の仏さまはお慈悲をかけ、導いてくださったのだという話。



心が荒んでいては死んでも救いがないという事か

なるほど、そういう意味だったのかとやっと合点がいきました。仏はお優しくて誰にでも救いの手を差し伸べますよということですね。


初めて訪れた善光寺、千葉の成田山新勝寺の方が敷地が広いものの、なかなか風情のある素敵なお寺です。外国人もチラホラ来てます。



門や本堂の他、至る所が桧皮葺の屋根なんですよ。香取神宮と同じひわだぶきの屋根。お金かかってもこの屋根の方がいいですね。

さて善光寺の参道から行くと仁王門があり、左右に仁王像があります。その迫力と大きさにあんぐり。
これほどのものは今まで見たことが無いかも…波打つ筋肉がリアルでうっとりする。


これを彫ったのは高村光雲、米原雲海とある…
光雲、雲海と云えば、さすがにこの名前は聞き覚えがありますよ。



仁王像の足元や裏側にも仏像があったけど暗くて良く見えず、あー残念。
ちなみに「智恵子抄」を書いた詩人の高村光太郎の父親が高村光雲なんです。

有名な作の仁王像を見て、この美術的価値はいくらだろうなどと要らぬ事を考えてしまうわ。

善光寺に行ったら仁王像を見るのをお勧めします。



本堂の奥へは有料で券を買うと色々な仏像等が見られるらしいです。

ワタシは無料の範囲でいいやと、本堂をウロつく。



ちょうど16時の鐘がなり、そろそろ帰路につきました。


善光寺は有料駐車場しかないようです。ワタシはここから1キロほどのホテルの駐車場に止められたので良かったかも。

神社仏閣は時々、田舎で、なぜこんなところなのに…と駐車場が有料なところがあるんですよね。500、600円とはいえ何だか釈然としませんね。

スポンサーリンク
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
SNSフォローボタン






コメント

  1. 九十九里町のくまさん より:
    こんにちは。 突然のコメントで失礼致します。 夫の仕事の都合により、昨年春、都内から縁もゆかりも無い片貝に転居して参りました。 それ以来1年以上に渡り、こちらのブログを日々拝読させて頂いております。 日々のつぶやきのような記事からは裏の物置小屋の荷物が盗まれていないかとハッとさせられたり、同じく桜井識子さんファンなので寺社仏閣を巡る旅行記まで、更新を楽しみにしています。 ちなみにお財布も、今年のお正月に買い替えたばかりでしたが、よりによって赤色だったので。早々と紺色のお財布に買い替えたのもこちらのブログの影響です(笑) 今後も更新を楽しみにしております。
  2. ユウ より:
    九十九里のくまさん初めましてコメントありがとうございます。なんと東京から同じ九十九里にですか、しかも桜井識子さんファンというのは奇遇で大変嬉しく、今後ともよろしくお願いいたします。片貝というと、片貝ホールの看板近く、「えびせい」へエビフライ美味しいので食べに行きます。 紺色の財布ですが、ワタシはまずまずという感じ、九十九里のくまさんも良い方へ効果が出てるのではないでしょうか。
error: Content is protected !!