損保の給料はびっくりするほど高給でした

先日損保ジャパンが4000人のリストラ発表。
余った人員を介護事業に転籍させるということは退職割増金無しで自主退職してくれる新手のリストラ法だ、企業側にとって非常に効率の良いリストラ方法という評判です。

損保ジャパンの前身は安田火災海上保険と日産火災海上保険で2002年に合併したそうですが、実はその昔、ワタシの友人は日産火災の方に就職して、大層高額な給料を貰ってたんです。

スポンサーリンク

昔は金融系ならどこも給料が高かった

その中でも損保業界、特に日産火災は高かったようです。

ボーナスは年3回で、入社2年、3年の小娘でも手取り100万以上も貰ってという。友人の上司は引かれる税金が100万以上なんだと聞きましたから、一体いくら貰ってたのやら…

そんな話を聞いてワースゴイと羨ましかったな。
この友人は金運がとても良い人でした。毎年海外旅行に行き、ブランド品を買い漁り…というバブルな生活してましたね。

そういうわけで損保はとんでもなく高給です。

今まで良い目を見たはずだから、畑違いの業種に転籍といっても、まさか介護士をさせられるわけではないでしょうから、退職割増金が出ないくらいで可哀想とは思いませんね。

しかしもし転籍になる方が高い住宅ローンを組んで家を買ってたらお気の毒だなと。介護事業が損保と同じ給与体系とは思えないから、いずれ支払いが厳しくなるんじゃないでしょうか。



高い給料を当て込んで、高額の家を建て30年、35年の長期ローンを組んでいたら計画が狂うでしょうね。そういう家はメンテナンス、維持費にお金がかかりますよ。

これからはどんな会社も定年まで安泰なんて確証はもてないんじゃないのかな。住宅ローンが返済不能になったら人生狂いますから怖いです。

コメント

  1. ジョージ より:
    昔地方勤務していた時にロータリークラブに入っていました。メンバーは地元の経営者や政治家に混じって金融機関の支店長達もいました。 都銀の支店長、証券会社の支店長、生保の支店長と東京海上の支店長もいましたね。 都銀や証券会社の支店長は年収2,000万円でしたが、損保の支店長は2,500万円を超えていました。まぁ皆様素晴らしい給与だったので毎回会合の後、彼らから麻雀でしっかり取り上げさせて頂きました。
  2. ユウ より:
    やっぱり損保は銀行より高給だったんですね。友人は高給だけど仕事も難しいよといってました。結婚後子供が出来て退職したんですが、事務の業務は難しく、子育てしながら働くのは頭がついてきそうも無いから…と言ってましたね。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました