意思の強さは行動がともなうことに他ならず

ふっと思ったんですが、最近頼りがいのある男性って居ないですねぇ。若者が草食系なのは仕方ないが、中高年男性もなんか頼りない。

タンス運んでもらうとか、用心棒になってもらうとか、力仕事の頼りじゃなくて、=意思が強い人の事なんですが、そういう人ってホント周りにいないの。

波風立たない処世術も結構ですが、なんか小物なんだよねぇ。なかなか尊敬できるような人はなし。
ワタシもすっかり年増となり、多少は人を見る目がついたせいで、こころざしが低い人を見抜けるようになり、頼りなさが目に付いてしまうのですよ。


こういう風に思うのは、最近ワタシの周りにいるのが生活に疲れた、顔色が悪い男性ばかりのせい。
教育費のかかる年代なので生活は楽じゃ無さそうと予想はつきますが、こちらは50代でも自由を謳歌し元気はつらつというのに、全くしみったれた気分になる。


悩みがお金なら収入増やす努力すればいい。共稼ぎして倹約をするのは当然のこと、本業で稼げないなら副業するとか、運用や投資で増やすしかないですよ。本気でそうしたいと思えばいくらでも打開案はあるものだ。



何も行動しないのは問題解決の意思が無いということに他ならず、それが一番情けないよねと思うわ。
大風呂敷を広げるだけじゃだめだけど、でも野心を口にすればそれは言霊となり、力になるので、まずは口に出して言うことも実現の第一歩とも思う。


結局はそこいらの男の人より、女のワタシの方がよっぽと意思が強くて頼りがいがあるじゃないのというオチでした。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました