ハゲがなかなか治らない…

先週、「ウチの猫のユズちゃんのハゲが大きくなってしまって…」と書きました。セーターの袖を切って着せると丁度良いと教えてもらったので、さっそく実践してみました。

ちょうど古い靴下があったのでそれを切って着せたらいい感じ。それでも子猫の首は細いので太い部分だとスポッと抜けてしまうので少し細目に手直ししました。
でも傷の場所がやや首の上部分、頭に近いので全てをカバー出来ないの、着せた服が少しめくれちゃうのですね。まだまだ完治の道は遠いかもしれません。

最初は慣れなくて嫌がり、自力で外されましたよ…

でも今は少し首輪に慣れたようですね

カサブタが出来て傷がふさがったなーと思うと、当の本猫が後ろ脚でバリバリと掻く、カサブタが剥がれる、という事の繰り返しが何度か繰り返されてます。

それを見る度にこちらはビビるのだけど当のユズちゃんは全然平気。血が出て滲んでるのになぁ…と飼い主は心配になるのですけどね。

そしてその傷の原因を作ったのん兄ちゃんは、ユズちゃんと取っ組み合いは相変わらずしてますけど、さすがに傷となってる首ねっこを噛む事はもうしてません。

悪気は無かったのでしょうが、子猫の皮膚はヤワなんだからやり過ぎたと反省を求めますワ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク