頸椎捻挫をしました…安静にしてミスマープルを観る

スポンサーリンク

昨晩、寝る前にとんでもないことが。

家の2階はロフトの作りで、天井は中央部が一番高くて傾斜してます。
さてベットに寝ようと前かがみになったときに、見誤ってゴツンと頭を傾斜の天井にぶつけてしまったんですよ。

その衝撃は下へと向かい、首を痛めてしまいました。

イタタ… と痛かったけれどそのまま就寝。そして翌朝目が覚めたら急に鳥肌が立つような倦怠感に襲われたんです。


痛くて眠れずということは無かったのに、起きたら急に具合が悪くなるなんてびっくり。これは昨夜の首の捻挫が原因としか思えない。

 

スポンサーリンク

体中に症状が出るとは…怪我って怖いな


どうしたものかと思案してたら少しづつ治まって、それから起きて、又気持ち悪くなって横になり、2回ほど繰り返したら症状はなくなりました。

首は腫れてもないし見た目は変わらない。これはムチ打ちかしらと調べたら、症状からやはり頸椎捻挫したようです。

衝撃によって筋肉の部分断裂や、靭帯が損傷して、倦怠感、しびれ、頭痛、吐き気などあると。

ユズにしがみつかれて痛い…


幸いなことに患部を刺激せずにいればどこも痛みはないです。
頸椎捻挫は一定期間安静にしていれば過度な生活制限を行わず、普段通りがいいらしい。


というわけで、明日ネックカラーが届くまでは新聞紙を8cmくらいに長細く折り、それを手ぬぐいで首に巻いてしのいでます。

もう6年も住んでるのにこんな事やらかすなんてね。これから年取るとどんどん注意力散漫になっていくので気を付けなくては。



というわけで散々な一日。雨も降ってるし横になって一日中、アガサクリスティーのミスマープルシリーズを観てました。

時代設定は終戦後の1950年くらいの英国。ミスマープルは60後半の設定でずいぶんお婆さんな感じ。

この時代は70歳ぐらいが寿命だったようです。

今回見た中では「書斎の死体」が一番の名作でした。

コメント

  1. Michele より:
    あらら、大変な事になりましたね。 首から上、アタマの近くは怖いですから、しばらく様子を見て、ちょっとでも具合が悪かったら病院行ってくださいね。 今どきはあんまり行きたくないでしょうけれど、御身大切に。
  2. クレア より:
    ユウさん、こんにちは。 昨日テレビでも見かけましたが、意外と自宅で怪我をすることがありますね。 最近階段を下りるときは毎度慎重になっています。子供の頃2段飛ばしで降りていたことが信じられません。梅雨時ですのでゆっくり名作を堪能しているうちに治りますように^^
  3. オレンジ・ペコー より:
    ユウさん、災難でしたね!大丈夫なんですか?心配です(>_<) しっかり養生して下さいね。自分の身体は自分でしか労れないですからね。
  4. ユウ より:
    Michelさんご心配頂きありがとうございます。本当に首を痛めてヤバいと思いましたが、軽症でよかったです。
  5. ユウ より:
    クレアさんの仰る通り、自宅で怪我は侮れません。気を付けようと思います。安静にするしかないときはビデオ鑑賞が一番でした。
  6. ユウ より:
    オレンジペコさんご心配いただきましてすみません。快方に向かってますのでホッとしています。もう回復がなかなか難しい年ごろなので… 健康が一番ですから気を付けないとなーと思います。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました