スポンサーリンク

長生きしたかったけどソコソコで死んで、あの世に行く方が幸せかも…

今の子供達が大人になる頃は、まさに人生100歳の長寿時代になりますが、現在の平均寿命は男性80歳、女性87歳。
実際自分が80代になる頃は90歳ぐらいまでは伸びていそう。

健康寿命はもっと短いかもしれないが、それでも30年以上あるし、自分的には長生きしそうな気がして、90歳越えはするだろなと予感があったのです。

今までは長生きしたかったけど、ヨボヨボの老婆になってしぶとく現世に居座るよりもそこそこで死んで、あの世に行った方が幸せかもしれないわと思うようになりました。



物質的なものがないあの世の方が楽で幸せかも、だって魂だけだもの。

とにかく今度あの世へ召されたら、暫く生まれ変わるのはお休みしたいなぁと。だってこの世で生きるのはシンドイことも多いから疲れます。

スピリチュアルでは、あの世で暮らしていて、生まれ変わって人間として生きていく順番がくると、これから生きる人生のテーマや計画、環境をちゃんと自分で決めるのだそうです。

環境とはつまり「親」のことで、江原啓之氏も「誰が何と言おうと自分で親を選んで生まれてる」と断言してますからね。



例えばフィギュアスケート選手としてメダルを獲る人生ならば、運動神経に優れて、尚且つ経済力のある親元へ生まれてくるし、苦労の多い山あり谷ありの人生で、その環境から学びを得るための人生ならば、わざと貧乏な親元へ生まれて来るとかだ。

あの世で優等生の魂だと、いい子ちゃんだから率先して厳しい人生を選んで来るらしい。

それじゃワタシにも何かしら人生のテーマがあったはずだけど一体何だったのか。何か大業なテーマをもって生まれ変わってはないな~、地味な人生でした。残念だけど、単なる「健康で長生き」がテーマだったのかなぁ。。。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!