韓国反日の嘘を暴くのは命がけなんだそうです

韓国では今、徴用工や慰安婦の真実を書いた「反日種族主義」という本がベストセラーに。これは韓国の経済研究所の学者6人の共著だそうです。

虎ノ門ニュースで、著者の一人のイ・ウヨンさんになぜ歴史が歪曲されたと分かったのか?と、インタビューした所、大学院で勉強していた頃にこれはおかしいと気が付いたそうです。

スポンサーリンク

教科書に嘘があると思うわけ無いもの

それまではイ・ウヨンさんも反日教育を受けてそれを信じていたけれど、調べるうちに様々な論文や統計の矛盾点があって、どうにも説明がつかない。

教科書に騙されていたんだ、政府や学者がずっとウソをついていたと判った時は、一体なんて事をと、腹の底から怒りが込み上げたそうです。
韓国は小学生のうちから反日教育しているけれど、本当のインテリには結局バレてしまうということか。

 

そして国連本部のシンポジウムで日韓の歴史の真実を話し、歴史を歪曲をする韓国と日本の研究者やジャーナリストは無責任な言動をやめるべきだとスピーチしたという。

反日を暴いた本が売れてるという事は、表には出て来ないけど韓国にもまともな人も、いるという事なんでしょうね。

ちゃんと調べれば、おかしいと気付く資料が韓国内にもあるのは良かったなと思いました。


以前も大学教授が慰安婦の事実を書いた本を出し、名誉毀損罪で告発されたそうです。
今回も1名は告発されているし、既に嫌がらせを受けたり、暴漢に襲撃されている。反日を暴くのは命がけなんだとか。

こういう高い志の韓国人がいる一方で、金の為に親日と反日を使い分けるキム・キョンジュは同じ大学教授でもエライ違いだと思いますねぇ。

コメント

  1. ジョージ より:
     韓国併合時代の抗日組織(後の臨時政府)の初代大統領が李承晩で仮憲法の初めに抗日を謳っています。我が国の敗戦によりその組織がそのまま韓国政府を名乗ったのですから、反日第一主義は根幹法なのです。  もう一つの柱が朝鮮民族最優秀思想です。これに少しでも触れると朝鮮人は火病にかかってしまいます。優れている朝鮮民族は何をやっても許されるというものですから始末に負えません。  反日と優等民族思想でできた韓国ですが、軍事政権時代、ソウルーデグープサン「ライン」のインフラばかり力を注いだためにそれ以外は荒れ果てました。中心軸出身者は右派、それ以外は左派と呼ばれる勢力を作りましたが、損得が主でマルクス主義とは関係ありません。   プサンが地盤の文在寅は親が北朝鮮出身のため従北で、左翼を装っています。第二次世界大戦で分断された国家で未だに統合していないのは朝鮮だけだとして、自らの力で統一国家を生み出そうという夢を持っています。朝鮮戦争は世界大戦が生み出したのではなく、単なる内乱でした。しかし、臨時政府の李承晩が国を捨てて、竹島に逃げ出したため国連軍が代理戦争をしたものです。今も戦争中ですが休戦は北朝鮮・中国軍とアメリカの国連軍がしているもので、韓国は関係ありません。   そういう負の歴史は世界一優秀な朝鮮民族の学校では教えません。かの国では今も、劣等な島国のイルボン猿が韓国に嫉妬して様々な嫌がらせをしていると教え、国民の99.9%がそれを信じています。なんせ、第二次世界大戦で朝鮮は連合国側について日本と戦ったと教えているのですから。   トランプアメリカは韓国から台湾に軸を移しつつあります。我が国もそれに倣い、かの国がレッドチーム(中国)入りした時に静かに断交すればよいと思います。トランプは東アジアを捨てて、アメリカーオーストライアー日本ー台湾ーインドーイスラエル「ライン」を構築しつつあります。  
  2. ユウ より:
    米軍は確かに韓国から出る準備をしているようですね。韓国は誰が大統領になってもたいして変わらないし、結局共産圏になった方が国民性に合ってると思います。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました