物を捨てたい減らしたい病にかかってますが、あまり成果がない

家の床面積を広くすると運気も上がるし、物はない方が掃除も楽でキレイに住める。

良いこと尽くめなので、何か物を捨てたい減らしたい病にかかってますが、あまり成果がありません。
思いつくものはあらかた捨ててしまったようなんです。

何か買ったら必ず一つ捨てて物の数を増やさないのは厳守してる。そして毎日捨てる物ないかな~と気にかけてるけど、ワタシの発想はまだまだ普通過ぎるらしいと判った。

スポンサーリンク

ミニマリストの思考にはほど遠い…


ミニマリストのYouTubeを観ると、ちょっとそれはいくら何でも不自由しないかしら?と思うくらい物を持ってないというか、そこまでするの?と思う事ばかり。

YouTubeで観るミニマリストは大抵ワンルームでひとり暮らしの人ばかりだけど、洗剤は一つだけで、石鹸系ボディソープで身体も洗うし食器も洗うという。

ペットを飼ってるミニマリストはいないか…


家が狭いのでその度に移動させて使うのは苦じゃないらしい。確かに複数の事を一つの物で代用出来ればモノを減らせますね。

そして嵩張る布団は持ってなくて、アウトドアみたいに下にゴムマットを敷いて寝袋で寝てるのには驚きました。

そんな事して毎日寝てたら身体が不調になって健康を損ないそう。これはさすがに50代以上にはとても出来ないわ。


その他、窓の前は隣の家の壁があって外から覗かれないとはいえ、部屋にカーテンも付けて無いミニマリストもいました。

これも冬は冷気で寒いだろうし、レースのカーテンくらい付けないと落ち着かないな。
こういう例の通り、ミニマリストのアイデアは常識を超えていることが多くて驚く。

でもここまでストイックにならなくても、発想の転換は見習う所も多いなと思います。

 

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました