スポンサーリンク

「20歳の娘が背中に刺青」って・・・もう消せませんよ

いつも聴いているラジオの「テレフォン人生相談」
今日は「50歳の母親が20歳の一人娘が夜の勤めを初めて、外泊ばかりで連絡も取れない」という相談内容でした。

母親は5年前に離婚した後、実母と娘と3人で暮らすも、娘は3年前から悪い友人関係が出来始め、ついには刺青を入れてしまったそうだ。それはタトゥーと云うレベルではなく、あの「極道の女たち」のような背中にバッチリ大きく彫られた刺青らしい。

スポンサーリンク

「えぇ~ そりゃもう消すの無理じゃん・・・どうすんの?」
「そこまでしてしまったらもう極道の女だよ。お母さん、娘はもう堅気じゃないよ・・・」この相談者は全然事の重大さに気づいてない、頼りない世間知らずのお母さんですわ。

回答者の三石由紀子先生もワタシと同じように思ったらしく、娘さんは母親のあなたを舐めてて、何を言っても今は無理。毅然とした態度でピシッと引導を渡せとアドバイス。

「はっきりさせておかないとこの後が怖いですよ、誰がどんな繋がりで何を言って来るかわからない」とも。
そりゃあ娘がヤクザ者の女じゃ、下手したら母親もヤクザと無関係じゃいられないくなるものね。。。
更に「これは娘さんだけの問題じゃなくなってきますよ」と。
老いた実母もいるというのにヤクザに付け込まれて良からぬ事にまきこまれたら大変だ。

そういえば映画ゴットファザーPARTⅡで、マフィアと一度だけ関わったがために付け込まれ、ずっと苦しんでいるエピソードがありましたっけ。。。ヤクザと宗教は弱いほうに弱い方に付け込んでくるのが常套手段、さすが三石先生、判ってらっしゃるワ。

何年か前だけど地元の駅前で 普通の若い女の子だったけど、首の横にヘビ(?)のタトゥー入れてて(横からぐるっとけっこう大きい)たまげた事があります。だって丸見えでしたからね、もう理解不能です。
年取ってから後悔し始めたらどうするんだろか?

それにタトゥーをしてるとまずもってプールや温泉には入れない。温泉好きのワタシにはそれだけは耐えられないわ~

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク