強気状態になってから、運が良くなってきたという事実

ワタシと社会との繋がりは週に4日の時短のパート仕事だけで、これは生活費のためと割り切って淡々と労働しています。

早朝の時間帯に限って働いてるのと、社会保険に入らなくていいから雇う側は経費が掛からなくて助かるはず。
重宝な人材だと思われてるらしく待遇は悪く無いです。毎年少しづつ昇給もあるし。

だけど会社員じゃないのでワタシ自身の帰属意識は無いです。

スポンサーリンク

何もおもねるものが無いと怖い物が無い


リタイアした時点で、もうだれもワタシに命令する人は居ない。
この先、人間的成長は必要無いわーという世界に入ったし、偉そうに命令や説教なんて真っ平ごめん、大きなお世話。

この生活は継続が目的なので、成長も向上心も必要無いの。

おひとり様だから気を使うダンナも居ないし、母親はいるけど特に何か意見される事も無い。何もおもねるものが無いと人間怖い物無しになります。




そうなると強気一直線になれるんですよね~。他人に嫌われても結構、どう思われようとワタシの生活に影響ないから知ったこっちゃないの。

要するに、かつてなく自己評価が上がってる状態なんですが、そうなると当然強気オーラが出まくってるだろうなーと思う。

人間としては好感度が高いとは言えないが、面白い事に、こういう強気状態になってからの方が更に運が良くなってきてるんですよ。


不運がすり寄って来ても、強気のオーラがバーンとはね返してるなぁと感じる。

悪い輩は人の弱さに付け入るので、強い人間を避けるし、強気の思考回路になると何が有ってもポジティブな方にしか向かわない。

そこで思い出したのが、これってあの存在給の考えだと気付きました。

やっぱり自分自身の考えや行いの積み重ねが今の自分を作っているという事なんだわ。

 

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました