スポンサーリンク

もしやこの人、レズビアンでは?と疑惑を持った事あります

今話題の勝間和代さん。ワタシこの方、高学歴でバリバリのキャリアウーマンでありながら大学生の時にデキ婚してるという面白い経歴で、スゴイなと思っておりました。

凡人の女性なら仕事か恋愛かどちらかしか抜きん出て成果は出せ無いもんです。どうしてもパワーが分散してしまう。仕事も恋愛もと欲張るとどちらもいいとこソコソコか、大して成果も出せずに終わってしまう。

残念だけどワタシもそっちの仲間です。二兎を追う者は一兎をも得ず…ですね。
勝間さんは二度も結婚離婚しながら子供3人もいて、パワーあふれる傑出した女性ですから普通の人と趣向が変わっていて、何だか納得というか、バイセクシャルというのもさもありなんだよなぁ、と思いましたね。



LBGTも随分世に知られてきましたが、人に迷惑をかけないならワタシの知った事ではない。
今までゲイの男性が同じ会社や身近に何人も居たし、ゲイ、ホモ、オネェは隠そうという人も減ってきてる気がします

でもレズビアンだとそうそう身近であの人がそうよ、なんて聞いた事がない。男の同性愛がこんなに多いのに、確率的にいって女の同性愛者がいない訳ないですよ。皆必死で隠してるのじゃないかな。


昔、年上の女性の方で、やたら手を握ってきたり、肩や髪の毛にタッチしてくる人が居ました。「アレ?何この人?なにベタベタ人の体に触るのかしら…」 大人になって、そんな同性同士で触れて来るなんていくら仲良しでも有り得ませんからね。


あとはじーっと見つめて来る人。例えば自分の知り合いに似てるわぁ、とか冷静な見つめ方では無くて、同性を見るには違和感がある、熱い視線なので変だなとすぐ解ります。あれは獲物を捕らえる目で、こちらの反応でノンケかその気ありか選別してたのかも。。。

そういうわけでこの人レズビアンでは?と疑惑を持ったことは3、4回あるんですが、当事者になるのは御免ですよ。気持ち悪いとしか思えず、ワタシはレズに成れそうもない。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!