スポンサーリンク

なぜ金目当てで男を篭絡する女って普通よりもブスデブなんだろう?

今週の週刊誌読んでいて、ちょっとこりゃマズいんじゃないか?と思ったのは眞子さまのお相手の小室圭さんの母親のスキャンダルだ。

週刊女性がスクープしたそうだけど、今週は新潮も文春も特集記事を書いてます。本当ならワイドショーが大好きな種類の話なのに、やはり皇室に関係する人の事となるとテレビのワイドショーも迂闊には騒ぎに出来ないのね。

スポンサーリンク

小室圭さんが母子家庭なのは知ってたけど、まず驚いたのは実父が自死、さらに祖父もそれから間もなく同じく自死していたという仰天の事実。何だかただならぬ物を感じますよ。

そして問題のお母さんは元婚約者の男性から借りた400万の返済を迫られるも、贈与されたものとして言い張り、一銭も返済せず金銭トラブルになっているそうだ。

詳しくはこちらを読んで頂くとして、つまり、息子の小室圭さんの高校の学費や大学の入学金、そして留学費用等はこの婚約者の男性に無心していたという。

この辺の微妙な事情は当時者のみぞ知るだけど、自らホイホイ出すような金額でもないし、やっぱり頼まれたのだとは思う。婚約者だから借用書を書いて欲しいと言えなかったという、男性の言い分もまぁそうだよね、と頷ける。

それにしても遺族年金とケーキ屋さんのパート代だけで資産もないのに、息子に高校はインターナショナルスクールに通わせ、大学も私立、しかも留学までとはちょっとこれは如何なものかしら? どう考えても身の丈を越えすぎているし、やっぱりこの男性からお金を出させようと狡い気持ちが無かったとは到底思えない。


法律的には借用書がないので裁判になったら男性には不利だそうです。とはいえ、何と言っても皇族が嫁ぐ家なので、これはスッキリ返済しておくしかないのではないかしら。
お母さんが無理なら、このお金の原因となった小室圭さんがちゃんと返済するべき。こんな禍根を残してる家に眞子様を嫁がせていいのかしら?と思う。

一般人のお嫁さんでも、嫁ぎ先としては嫌ですよ。
でもなぁ、このお母さんが皇室と親戚になるのは相応しいとは言えないでしょうね。どうなることやら。

ところで、男にお金を貢がせたりするぐらいだから、結構色っぽい熟女なお母さんかしら?と写真を見たら、えー、こんなアゴがたるたるになってる人が?とビックリしましたw これで男を惑わす魅力があるのだろうか?…

婚活詐欺師のあの木島佳苗とか後妻業の女の筧千佐子とか、なぜ金目当てで男を篭絡する女って普通よりもブスデブなんだろう? しかもそれにまんまと騙されるって何故なの?やっぱり悪女は美女でなけりゃ納得出来ないよ、と思うのだ。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. みさこ より:
    こんにちは〜☆ 同じセミリタイア者としていつも読ませてもらってます。 世に出る結婚詐欺とかの女が驚くほどデブやブスなのは、 きっと“結婚を天秤にしなければ男からお金を取れない”からなんじゃないかなあと、 個人的には思っていてある意味デブでブスなのは不思議じゃないと思ってます。 だって、きっと美人だったり男が放っておけない可愛い女性でしたら、 結婚なんかをちらつかせなくても借金という形でなくとも、 男性は自然に貢いだり尽くしたりしてしまうのではないでしょうか。 当たり前だけれど、男に貢がせてるプロの方々(銀座とかの女性)は美人揃いですし、 また美人であれば頃合いを見ていい男と結婚する事も出来ます。 ブスでデブで結婚ちらつかせてやっと貢いでもらえるような女性に引っかかる男性は、 やはり今まで女性に相手されなかったようなタイプでしょうから、 男性も引くに引けずお金を出してしまう構造で出来上がっているんだと思いますよ〜。 何はともあれ、眞子様が苦労しないといいですね。 お相手の男性を見た時に隠しきれないチャラさを感じてました。笑 それでは☆
  2. ユウ より:
    みさこさん初めまして、コメントありがとうございます。なかなかの毒舌な方で、嬉しいですw みさこさんのご意見なるほどね~と思います。普通よりもモテない男を狙い撃ちしてるは納得ですね。でも眞子様の結婚、ちょっとやめた方がいいかもと思います。。。
  3. そーだ男 より:
    はじめまして、秘かに毎日見ています。 思わすコメントしたくなりました。 確信を突いているのではないかと思います。 でも、男としては怖い!
  4. ユウ より:
    そーだ男さん初めまして、コメントありがとうございます(笑) この手の女性はしっかり獲物を見定める目だけはあるのでしょうね、お気をつけくださいw