ドライブで80年代の懐メロを聴く、トシがバレるので恥ずかしい

車で旅行する時は運転のお楽しみとして、お気に入りの音楽鑑賞をする。長時間運転のお供と癒しになるのです。

ワタシのようなアラフィフともなると、もう懐メロのオンパレードになるのは必然で、若い頃に流行った曲や好きなアーティストを聴きまくります。
今はカーステレオにUSB一つ差し込んでおけば、CD盤をガチャガチャ入れ替えしなくてもいいので楽なもんだ。

スポンサーリンク

CD一枚を通して聴けるチャンスなので…

長時間運転の、今回の旅行で聴いたのは、ユーミン、山下達郎、スピッツ、安室奈美恵、洋楽はエアロスミス、バーシア、マドンナなどね。もし他人に車でかかってる曲を聴かれてしまったら、年齢が一瞬でバレるだろうと。。。

音楽を一番聴くのは学生のうちで、社会に出たら新しい流行りの曲はわからなくなりました。めっきり疎くなるんですよ。





ワタシなどは熱烈ファンというのでもないので、好きなアーティストの新譜が出たら必ず買う…ということは無いです。だけど、同年代でも熱意のある人は居てフットワークの軽さに驚愕する。

例えば未だにボンジョビの大ファンで、渡米して米国のライブをわざわざ観に行く知り合いが居ます。チケットは英語のサイトで必死になって買うのだとか。

他にも高橋優のファンとなって、ライブやイベントへ若い子に混じってちょいちょい通い続けてる知り合いもいる。



ワタシなどそんな熱意は無いから話を聞いただけで疲れてきます。
ちなみに彼女たちは子供はいない主婦で、自分のパート収入をそれに費やしてるようですが。


趣味嗜好は人それぞれですが、ワタシは今更ライブなんて気力も体力もない。家でのんびりとしてるのが本当に幸せなんです。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました