田舎へ移住して後悔したことはありません

ここ数日、急に蒸し暑くなってきました。湿気で肌がベタベタしてホント不快。梅雨ってうっとおしいです。

梅雨明けは関東だと例年7月20日前後なのでまだ1ヶ月も先ですが、天気予報を見ると来週は晴れの日が1日もありません。1週間も傘マークの無しの日が無いという…


7月の後半に近づくほどホテルの料金もぐんと値上がってきますから、なるべく早めがいいけど見通しがたちません。

さて5年前の7月4日にこの地へ引っ越してきました、移住記念日です。もう5年もたったとは信じられない、ついこの間の事のようです。

五年の間にすっかり田舎の生活が整ったし、暮らしは落ち着きました。ここへ来てから人と話すことがあまりにも無くなったので、ブログで好きな事書こうを始めたのが今に至るのですが、まさかここまで続けられるとはね。

スポンサーリンク

都会か田舎か嗜好が分かれますが…

住宅もまばらな田舎で住環境が180度変わったのに、淋しいとか都会が懐かしいとか後悔はすることは一度もありません。
今はインターネットがあるので、田舎だろうが、都会だろうが情報収集の差はないので、疎外感はそれほどないかと。

地方自治体は田舎暮らしを奨励しているし、普通の方でも働くところさえ近くで見つければ、ある程度の年齢になったら田舎暮らしは悪くないと思います。



地方の会社に勤めて給料が安くなっても田舎暮らしはコストがかからないから結局同じなんじゃないかな。
5千万以上の値段で庭も無いような20坪の戸建てを買い、30年ローンを払う人生なんて馬っ鹿じゃないかと思います。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました