スポンサーリンク

65歳迄なら何とか食いつないでけるかなと思った

昨日の記事で書いた通り、田舎へ移住したのが4年前で、同時にセミリタイヤ生活がスタートしたわけで、それ以来ストレスとは無縁の生活になりました。

自分の環境を、自分の好きなことだけに出来るのですから、ストレスなんて貯まるはずありません。今は週3,4回のバイトに行ってるけど、朝の3時間しか働かないので体力的にも精神的にも負担は少ないのです。

このようにユル~く働けると、このバイトも60歳の定年までダラダラ続けそうな気がします。何か働けなくなるような理由が出来るなどが無ければ、わざわざ辞めると申し出るのも面倒だなと。

というわけで、予想していたより随分順調なセミリタイア生活を送っていられる事に、本当に有難いなぁと思う。



65歳迄なら何とか最低限、食いつないでけるかな?程度の見通しでスタートしたけれど、案ずるより産むがやすし。実行しながら軌道修正していけば何とかなるもんですよ。

そもそもセミリタイアに不安な人は、いくら資産が有っても不安で、ワタシから見れば十分金が有る人に限って、金を減らしたくない気持ちが強いなぁと感じる事が多々ありますね。セミリタイアなんて楽観主義じゃないと出来ないです。

家族持ちならいざ知らず、単身者なら自分一人の食い扶持ぐらい何とでもなると、ドーンとセミリタイアに踏み切っていいのではないかしら。


今が一番自分らしく生きてるなぁとつくづく感じてるワタシは、本当に集団の中にいるのが向かなかったと思う。向かないことをしたのを悔やむけれど、こればっかりは経験してみないと判らない。

ほとんどの人は社会の渦に巻かれ、社畜として働くのを避ける事は出来ないし、それまでの苦労は今の自分に到達するのに必要だったと受け入れるしかないなぁと。

だから50歳からが第2の人生が始まり、健康寿命までの70代まで30年あるとして、好きなように自由に生きてやるのですよ。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

コメント

  1. シンタロウ より:
    ゆうさん お久しぶりです。 いつも楽しく読ませていただいてます。 私もそう思います。家賃がないって快適ですよね? 固定資産税はかかってきますが修繕費なんてそうそうかかりませんし。 ちなみに私は黒ラブと2人暮らしです。
  2. ひろ より:
    はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいてます。セミリタイアは楽観主義じゃないとできないというのはおっしゃるとおりだなと思いました。自分はまだセミリタイアを目指している最中ですが、最後は勢いで決断するしかないんだろうな思います。
  3. ユウ より:
    シンタロウさん、アラー黒ラブなんてちょっと大変そうだけど、大型犬も可愛いでしょうね。でも大きな家じゃないとダメだな、ウチはスモールハウスなんです。やはりペットを飼いたいなら賃貸は無理ですものね。
  4. ユウ より:
    ひろさん初めまして、コメントありがとうございます。早くセミリタイアできるといいですね、その時にはお知らせください(´・∀・`) ワタシは大雑把な性質なのでざっくり計算して何とかなるだろ、ならんかったらバイトすればいいさ、と。これは独り者で身軽だからですね。
error: Content is protected !!